« アトピーが治るまで(4) | トップページ | JR惨事遠因 »

2005/04/26

つぶせ! 名球会

古田捕手が 2000本安打 を達成した。

この国には、彼を悪く言う人はほとんどいない。
テレビも、新聞も、ゲームでさえ彼の評価はすこぶるいい。
多数派に与するのが嫌いな私でさえ、この件に関しては多数派である。

捕手でありながら、更に、大学から社会人を経て球界入りしたにもかかわらず、偉業を達成したことに、拍手を送りたい。

但し、本記事の目的は、彼への注文である。

sumo

名球会に入らないでくれ!

名球会を無視してくれ!

名球会をつぶしてくれ!

スワローズと言えば若松監督も名球会入りしているが、松岡弘投手を覚えている人は何人いるのだろう?

松岡 弘

1968年から1985年までスワローズ一筋(最初はチーム名がアトムズだったが)。

通産 191勝 190敗 41セーブ 2008奪三振

最優秀防御率(1980)、沢村賞1回(1978)

1978年日本シリーズ  4登板で2勝2セーブ 内完封1

名選手ではないか! 特に日本シリーズでの成績。彼をエースと言わず誰をエースと言うのかという成績だ。

彼のキャリアの前半のスワローズの弱さを考えると、凄みが倍増する。

たとえば、1971年には 防御率2.52 ながら 15敗 もしている。
1973年はもっと極端で、防御率2.23 で 18敗

強いチームにおれば、防御率からして、上の2年だけでも15勝ぐらいは上乗せできただろう。

しかし、彼は名球会には入れない。200勝に届かないという理由で。
名球会以後、200勝というのが名投手の基準になってしまったが、

これは絶対におかしい

なぜなら、

  • リリーフエースから名投手という称号の権利を剥奪している
  • ペナントレースにおいては、1位と2位の持つ意味は天と地ほど違うが、通算199勝と200勝の間に差はない。(70勝でパリーグ優勝したチームと、69勝でセリーグ優勝したチームに差がないのと同じだ)
  • スポーツを支えるのは、数字で喜ぶファンではなく、プレーに感動するファンだ(数字で喜ぶファンは新聞とテレビ局を支えているが)。とすれば、名選手の条件は感動に値するプレーを行うことが、数字よりも優先する。

もう論証しなくても、打者の2000本だっておかしいことが分かるだろう。

去年、オーナー達に敢然と挑戦した古田捕手へ、

今度は名球会に立ち向かってくれ。


最後に、ファンの皆さんも、おかしいと思いませんか?

オリオンズファンだった皆さん、レロン・リーは凡選手でしたか?

タイガースファンの皆さん、バース、掛布、真弓を埋もれさせてもいいのですか?

カープファンの皆さん、長谷川がチーム解散の危機を救ったのではなかったでしょうか?

バファローズファンだった皆さん、大石の大ちゃんの166cmが何度大きくみえましたか?

ブレーブスファンだった皆さん、足立が奪ったONからの三振、忘れられますか? 山田にシンカーを教えたのも彼だったのでは?

ホエールズファンだった皆さん、山下の守備は芸術でしたよね?

|

« アトピーが治るまで(4) | トップページ | JR惨事遠因 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

名球会などには 入ってもらいたくないのは 同じです・・・・が
一歩翻って考えた場合、イチローや 落合さん のように一匹狼を標榜して生きてゆく訳には行かないんですね~古田敦也は・・ 知っての通り、彼には 「球界」の今後もその肩に懸かっています。 どうせ名球会など それを左右するどんな力も無いが、 入会を拒否して これ以上 反感を(既にポリシー的には一部には持たれてもいる訳で) 買っても 決して彼の今後に現実として プラスには 働かないでしょう

初めっから ”敵”を作るよりも、小(意地) よりも 大(球界を自分の理想により近いものにしたい!) を選ぶ、、、これも 意志貫徹 の為の世渡り(やむを得ぬ妥協)と見るべきでは? 推量に過ぎたでしょうか?

投稿: 桐子 | 2005/04/26 11:05

名球会のドンってスワローズOBだよねえ.
彼も弱小(今よりもずっと)のスワローズで800勝したんだよね.
偉いとか偉くないとかじゃなくて
ありとあらゆる組織には規則というか基準が必要なのは
仕方がないことだと思う.

全ての偉人がノーベル賞を貰えるわけではないけど
ノーベル賞自身をそれを理由に批判する人もいない訳だし.
(いや少しはいるのかもしれないけど)

あと古田を聖人視して自分たちの理想の代理具現者みたいに
祭り上げるのは古田にとってはありがた迷惑なのではないかな?

もし本当にそれがしたいならあなた自身が何か行動を起こさなけりゃ説得力がないよ.他人任せは駄目.

投稿: YAN | 2005/04/26 13:15

「名球会のドンってスワローズOBだよねえ.
彼も弱小(今よりもずっと)のスワローズで800勝したんだよね.」というコメントがありましたが、間違っていますよ。

金田正一投手の通産勝利は400です。ちなみに、彼が国鉄スワローズに在籍した1950年から1964年のチーム全体の勝利数が833です。

800が400でも彼の偉大さは変わるものではありませんが、当時のスワローズは彼のワンマンチームだったため、他の投手が投げていても自分が勝手にリリーフに出、監督に黙認させていたという証言もあります。そんなことが可能なら、勝ち星がつきそうな場面になると登板して勝利数を稼ぐことができます。

実際にそうやって稼いだ勝利がいくつあるのか、そもそも実際にあったのか分かりませんが、数字を中心にするとそのようなおかしなことまで起こることになります。

投稿: ぶつ | 2005/04/29 08:08

金田正一投手のワンマンぶりを示すエピソードがありました。↓
http://www.webmie.or.jp/~m-yama/player/sportskaneda.htm
このページの6です。
但し、ほかに彼の偉大さを示すエピソードもずらりとならんでいます。

投稿: ぶつ | 2005/04/29 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/3863835

この記事へのトラックバック一覧です: つぶせ! 名球会:

« アトピーが治るまで(4) | トップページ | JR惨事遠因 »