« そちらからどうぞ ~歴史の清算 | トップページ | IT業界 新格言 »

2005/04/17

あれはサヘラントロプスチャデンシスより前だったのだろうか?

はじめ人間ギャートルズ の終わりの歌が忘れられない。

何にもない 何にもない 全く何にもない

生まれた 生まれた 何が生まれた

星が一つ 暗い宇宙に 生まれた 生まれた

星には夜があり そして朝が訪れた

何にもない大地に ただ風が吹いてた 吹いてた

園山俊二の絵が大好きだった。新聞連載のガタピシが特に。

|

« そちらからどうぞ ~歴史の清算 | トップページ | IT業界 新格言 »

文化」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

ガタピシが出てくるのは確か「ペエスケ」じゃなかったかな?
園山俊二では「さすらいのギャンブラー」がいいですよ。

投稿: Steve | 2005/04/17 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/3738420

この記事へのトラックバック一覧です: あれはサヘラントロプスチャデンシスより前だったのだろうか?:

« そちらからどうぞ ~歴史の清算 | トップページ | IT業界 新格言 »