« 人は如何にしてフォークの背にライスを載せるようになったのか? | トップページ | そちらからどうぞ ~歴史の清算 »

2005/04/17

三ツ矢の思い出

三ツ矢サイダーが募集していた「三ツ矢の思い出」に次の文を送った。

厳格な父を持つ私は、幼少の頃厳しい教育を受けた。姿勢が悪くても、喧嘩に負けても、汚い字を書いても、とにかく殴られた。癇癪持ちの父は手に届く物を投げつけることもあり、はさみが飛んで来た時に切れて縫った跡はいまだに残っている。食べるものや飲むものも、時間や種類を制限され、遊んでいて喉が渇いてもお茶の時間まで我慢するしかなく、もちろんジュースなどはもってのほかであった。

そんな私にとって祖父母の家に遊びに行くことは、心はずむイベントであった。父方の祖父母宅へちょくちょく行ったのだが、父と祖父はほとんど口をきかないような仲であったので、母親に連れられて行った。父の監視の目から逃れられる嬉しさもあったが、別の楽しみもあった。厳しい父の教育を知ってか、おとなうと必ず祖母が甘い菓juice 子とジュースを出してくれた。濃いカルピスのこともあれば、三ツ矢サイダーのこともあった。その頃の私が炭酸飲料の刺激と爽快を感じられる唯一の機会であった。現在、めったにコンビニに行かない私がたまに寄るとなぜかサイダーやラムネを買ってしまう原因に、この文を書いて自分でもようやく気づいた。

半分以上残っているうちから「おかわりもしいや」と言ってくれた祖母が実の祖母ではなく、祖父の再婚相手であり、そのことが、父と祖父の険悪な仲の原因の一つだと知ったのは祖父も祖母も亡くなった後であった。聞いたときの私の頭はほとんど仕事や生活の現実で埋められており、心を動かされるだけの感受性はもはや残っていなかったが、思い出が甘美な領域に昇華されたような気はする。

応募の結果は・・・

カルピスが三ツ矢サイダーより前に出てくるような文を「三ツ矢の思い出」として評価する審査員はいませんでした。

賞品のために、ずいぶん作文(脚色)がんばったんだけどなぁ。

|

« 人は如何にしてフォークの背にライスを載せるようになったのか? | トップページ | そちらからどうぞ ~歴史の清算 »

圭太と愉快な仲間たち」カテゴリの記事

コメント

「カルピス」じゃなくて、「バヤリース」なら審査員に認められたかも。確か「三ツ矢サイダー」も「バヤリース」もアサヒ飲料の商品だから。

投稿: ぶつ | 2005/04/17 16:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/3737112

この記事へのトラックバック一覧です: 三ツ矢の思い出:

« 人は如何にしてフォークの背にライスを載せるようになったのか? | トップページ | そちらからどうぞ ~歴史の清算 »