« 芸能人の罪 | トップページ | 階級分化とジャズ »

2005/05/11

ビバルディ 「四季」

最近、クラシックやジャズを聞きながらブログの記事を書くことが多い。fourseasons

20代の頃なら、「クラシックやジャズを聞きながら」という言葉の響きに自己陶酔するために、わざわざクラシックのCDを取り出していたかもしれないが、今は何とはなしに聞きたいものを選ぶと、クラシック3:ジャズ4:ロック3ぐらいの割合になっている。

子供の頃、クラシックと言えば、ビバルディ「四季」→試聴可(MIDI)→Amazonはこちらの「春」だった。じいやに

「ぼっちゃん、音楽はクラシックをお聴きにならなければいけません。流行歌などは庶民が聞くもの。ぼっちゃんのようなお方が聴くものではありません」

と言われたからではなく、ルパン3世が好きだったのだ。ルパンでパーティのシーンがあると流れていたのがこの曲であった。

そのせいか、ホテルのバンケットで他の曲がかかると(たいてい他の曲なのだが)、違和感をぬぐいきれない。結婚披露宴で、新婦のおじさんが「娘よ」を歌って新婦の父親が涙をこらえる。そういう場面でも、「違う、これやないねん」 と思いつつ、無理に神妙な顔つきをしたりしている。

ちなみに、僕は宮崎駿っぽいルパンは好みません。泥棒は盗みをせなあかん。少女がうろちょろすると目障りや。ロボットも要らん。(宮崎駿さんは神の領域に達しているそうなので、小文字にしました。)

|

« 芸能人の罪 | トップページ | 階級分化とジャズ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

初めまして。意外なTB、ありがとうございます。
人それぞれ、曲との出会いも様々なのですね。

私も宮崎ルパンはあんまし・・・です(←小声です)

こちらもTBさせていただきますね。

投稿: kitano-shop | 2005/05/11 23:00

初めまして。トラックバックありがとうございます。
こちらからも、TBさせて頂きました。

お正月の「春の海」とか、確かに「コレじゃなきゃ!」って曲ありますよね。
その曲を聞いた途端、そのモードに切り替わっちゃうような…。
だからこそ、別の音楽だと「違ぁう!」と思っちゃうんですけど。

投稿: nanbu | 2005/05/12 07:38

kitano-shopさん、コメントありがとうございます。
感動です。宮崎ルパンに関して同じ意見を持つ人に出会えるなんて。飛行機が墜落して太平洋を漂流しているときに、別の飛行機事故で漂流している日本人に出会ったような気分です。

投稿: 朝霧 圭太 | 2005/05/16 07:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/4049685

この記事へのトラックバック一覧です: ビバルディ 「四季」:

» 校内放送で? [北野洋品店ブログ]
娘(小2)が、「ラジカセがほしい」とか言い出した。 理由は、「ママばっかり好きなCD聴いてずるいから」だそうで・・・すみません。 でも私が初めてラジカセ買ってもらったのって、中学生の頃だよ~~マセてるなあ。 で、何が聴きたいのか聞いてみたら、「オレンジレンジ!」だって。 もちろんナマエぐらいは知ってるけど、テレビやラジオでかかる以外、あえて聴いたことないし、うちでわざわざかけたことはない。 なんで?と聞いたら、「学校でかかったから」と娘。 「お昼の校内放送で、放送委員の人がかけてたよ... [続きを読む]

受信: 2005/05/11 23:01

» 瞼のビバルディ [日常雑記]
爽やかな朝食の風景。そこに「♪エッル アンド エッル〜」の歌が流れて…。昔、そん [続きを読む]

受信: 2005/05/12 07:35

» 「ジャズ」でブログ検索してみました。 [日刊カタログ]
「 ジャズ 」の検索結果で、「矮人観場 from the shorty& [続きを読む]

受信: 2005/05/13 07:34

« 芸能人の罪 | トップページ | 階級分化とジャズ »