« 若山牧水から不死身の身体 | トップページ | 警告 »

2005/05/20

医は詐術

阪大医学部が論文のデータを少なくとも10箇所改竄していたことが発表された(→gooニュース)

以前たばこに関する記事(5/4 Smoke on the Water #1)で触れたが、医学論文というのは、多分に怪しいのである。普通の実験をすれば、普通の結果が出て、普通の論文を書くしかない。それは医学研究者にとって意味がない。医学の発展にとってもそうだろうが、何よりも自分にとって。多少の改竄を施しても、目立たなければダメなのだ(今回の事件を起こした医学生がまずかったのは、実験そのものを捏造してしまったらしいことだ。諸先輩に倣いデータ改竄程度にとどめておけば、発覚が防げたかもしれないのにね)。

今回の改竄データが肥満に関することであったのが示唆的である。肥満に関して、先進諸国での関心は高まるばかりである。つまり、今後まだまだ肥満関連で儲けられそうなのである。

古来、医者と坊主には、女好き・政治好き・カネ好きが多いと言われる(日本では、織田信長以来、坊主の方は女とカネに制限されたが)。関西で、京大や阪大の医学部と言えば、入学するだけで天才のように思われている(まあ、入学が理三以外の東大より難しいのは確かだが)。しかし、薬害エイズの ミドリ十字 の薬を一番使っていたのは、確か阪大病院か京大病院だったはず。相当なカネの動きもあったようだ。まあ、京大は七三一部隊の石井軍医中将からミドリ十字設立までの深い関係があり、当然と言えば当然だが。

医学部生だけでなく、医学部教授たちも勘違いしてもらっては困るのは、難しい大学に入ったからといって、すばらしい医学者、医師になれるわけではないということ。恐らく数学なんかよくおできになったことでしょうが、その小手先の技術をデータ改竄に活かすのではなく、論理的思考に使って下さいね。吉兆やヨットで遊んでばかりいないで、マウスともっと仲良くなってちょうだいね。カネと政治力でなく、仕事で勝負してちょうだいね。国費の無駄遣いもちょっと減らしてくれるとうれしいな。

|

« 若山牧水から不死身の身体 | トップページ | 警告 »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/4204670

この記事へのトラックバック一覧です: 医は詐術:

« 若山牧水から不死身の身体 | トップページ | 警告 »