« ついでといっちゃぁ、なんですが | トップページ | 小説に意味がみいだせなかった »

2005/05/17

よみがえる感覚

手袋のように指が1本ずつ分かれている靴下がある。
それをはいてみた。

えも言えぬ感触。
なんだか感動。

この不思議な感覚はどこから来るのだろうか。
そうか。足にも10本の指があることを思い出させてくれるのだ。

普段は足の指をほとんど意識しない。
私は「足先」が器用で、床に落ちたものを拾うのに、かがまなくても足の指でとれる。
ボールペンでも、メモ用紙でも。
そんな私でも、足の中指と薬指(って言うのかな? 第三指と第四指?)を意識することは、まずない。

そういう忘れられていた感覚を呼びおこしてくれた、この見た目がはなはだ悪い靴下。
この靴下に特別な名前はあるのだろうか。

そう言えば、背中も普段意識しないなぁ。シャワー浴びる時に感じるぐらいかな。

|

« ついでといっちゃぁ、なんですが | トップページ | 小説に意味がみいだせなかった »

圭太と愉快な仲間たち」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
遊びに来て頂きありがとうございました。
五本指靴下はまだはいたことがありません。試してみます。
あしの指の感覚ですかぁ。。私はどちらかと言うと
あしの指の付け根で地面をぐっと掴んでいる感覚です。
指通り越しちゃってますね(^^;)

背中は肩甲骨より少し下に力を落とす方が疲れませんし
姿勢も良くなりますよ〜。

で、すみません。トラックバックって?(ドしろうとです)

投稿: ポチ右衛門 | 2005/05/17 14:42

ポチ右衛門さん、いらっしゃいませ。
僕は身体感覚を失っています。「指の付け根で地面をぐっと掴んでいる」とか「肩甲骨より少し下に力を落とす」というのが、うまく想像できません。
う~ん。これはいけない。ポチ右衛門さん目指して、身体を動かそうかな。

投稿: 朝霧 圭太 | 2005/05/19 08:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/4163253

この記事へのトラックバック一覧です: よみがえる感覚:

« ついでといっちゃぁ、なんですが | トップページ | 小説に意味がみいだせなかった »