« 最近は2-1なのか | トップページ | 米式蹴球(1) »

2005/07/31

替歌考

いまどきの小学生は替え歌を作らないそうです。
まぁ、それ以外に面白いことがいっぱいあるからなぁ。

僕が小学生だった頃にも、ゲームウォッチなんていうのがありましたが、替え歌はよく歌ったよなぁ。
僕の作詞した軽く100曲を超え、恐らく500曲はあったであろう替え歌の殆どは、記録されることもなく歴史の闇に消え去りましたが、懸命に思い出してみました。

注1) 当時、替え歌はもはや文化と呼べる領域に入っていましたので、僕の作詞したものだけではなく、多くの小学生の感性と知恵が入り混じったものとなっています。
注2) 小学生の男子が考えたものです。小学生男子が好みそうな表現が多数含まれております。その手の表現に抵抗にある方は、以下の記事をお読みにならないようお勧めいたします。

考えてみれば、替え歌は二つに大別できます。
音系と意味系

1)音系
意味はなく、音の面白さによる替え歌。

パッピー、プペッ (ペッパー警部)

ポヨン、ポヨ~ン
(ルパン三世の出だし、ルパン・ザ・サードの部分)

&%$!¥>?#<&%$!¥>?#< ねーちゃーん
(魅せられて。英語の部分)

浜の真砂の数ほどあったはずだけれど、こちらは、なかなか思い出せません。

2)意味系
僕の作詞では、こっちが断然多かった。

今の君は ぶくぶくに 太って
あきれかえるほど 肥満
(今の君はピカピカに光って)

ジャスコで万引き そばやで食い逃げ
国鉄ただ乗り 刑務所へ
(ジャスコのCM「ジャスコで会いましょう」)

何か 食い物 ないですか
芋と豆しか ありません
(北の宿から)

お魚くわえた サザエさん おんぶして
はだしで 駆けてく ゲゲゲの鬼太郎
(サザエさん)

キラキラ海岸で
カニにちん○ はさまれた
痛い痛い 放せ
放すもんか ソーセージ
赤チン塗っても 治らない
黒チン塗ったら 毛が生えた
(キラキラ星)

戦艦大和が沈む時
碇に○んぽをはさまれた
とうとうちぎれた ソーセージ
後に残るは 玉二つ
(軍艦マーチ)

書いているうちに結構思い出してきたけれど、何と言ってもお気に入りだったのはガッチャマン。まずは本歌から。

誰だ 誰だ 誰だ 空のかなたに踊る影
白い翼の ガッチャマン
命をかけて 飛び出せば
科学忍法 火の鳥だ
飛べ 飛べ 飛べ ガッチャマン
行け 行け 行け ガッチャマン
地球は一つ 地球は一つ
おお ガッチャマン ガッチャマン

次は圭太版。

誰だ 誰だ 誰だ

庭のガラスを割ったのは

白い翼の

にわとり

命をかけて 飛び出せば

科学忍法 焼き鳥だ

飛べ 飛べ 飛べ  にわとり

焼け 焼け 焼け 焼き鳥

地球は一つ

作れば二つ

おお 焼き鳥 くわせろ

そう言えば、折衷系もあった。

十日 便秘 ぷー
(ビビディ・バビディ・ブー)

あっほぅ あっほぅ ○○○○
(かっこう。○○○○には、嫌いな奴の名前をその時の気分で入れる。ほりうち とか、やなぎだ とかジャイアンツの選手名を入れることも多かった)

月曜日は げっつい う○こ
火曜日は かいかい おしり
(一週間)

まだランキングやっとるんか →人気blogランキング へ投票
(次は8/5頃に更新するつもりです)

|

« 最近は2-1なのか | トップページ | 米式蹴球(1) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/5239339

この記事へのトラックバック一覧です: 替歌考:

« 最近は2-1なのか | トップページ | 米式蹴球(1) »