« 伝えられそで、・・・ | トップページ | しまった! »

2005/07/14

泣き言

すみません、泣き言を言わせて下さい。

今までも6月の月休1日(週休じゃありませんよ)とか、1月から3月の季節休1日(!!!)と、今年休んだ日付を全てすぐに言えるような状態でしたが、これから更なる繁忙期に入るため、今まで続けてきたこのブログの毎日更新が難しくなります。

できる限り更新しようと思ってはいますが、ひどいときは1週間で1、2回しか更新できなさそうです。頂いたコメントへのお返事が遅くなることもあるかもしれません。

実は今、ちょっと考えています。
普通の人は恐らく馬鹿らしくてあまり考えないであろうことを。

人は生きるために働くのか

働くために生きるのか

実は、5年前に一度転職の経験があります。最初の会社(「アトピーが治るまで」シリーズで副社長やら専務やら常務が登場する会社です)では、分に過ぎた評価を受け高給を頂いていましたが、諸般の事情により退社し(円満退社です)、自ら進んで年収が半分になる道を選びました。年収は半分、休日は5分の1ぐらいかな。

経済観念が発達していないというよりも、完全に欠如している僕は、もう一度半分になってもいいじゃないか、なんて考えています。もちろん、嫁さんは意見を異にしていると思いますが。今は平均以下の年収ですから、半分になれば、子供は歩いていける公立高校に、奨学金をもらいながら通ってもらうことになるのかな? よく分かりませんが。

お金のことはあまり関心が無いので(もちろん、少しはありますよ)、仕事の内容で考えています。最初の会社では、ルーチンを減らし、創造する部分を徐々に増やしていく仕事のスタイルをとっていましたが、今はルーチンが増える(増やされている)状態です。その辺が僕にはひっかかるのです。

もし、転職が決まれば、また報告します。
世の中なめんとコツコツ仕事しいや →人気blogランキング へ投票

|

« 伝えられそで、・・・ | トップページ | しまった! »

圭太と愉快な仲間たち」カテゴリの記事

コメント

初めてコメント書きます。
こんにちは。

私の友人も転職してから(すでに3回目ですが)
「人は生きるために働くのか 働くために生きるのか」
ということを良く真剣に考えているようです。
友人の仕事環境も割と劣悪なので・・・。

私はというと、それに比べるとのほほんとした生活を
していますね・・・。(忙しい時は忙しいんですけどね(^^;))
ちなみに、私は「生きるために働きたい」。
昔は仕事に夢も持っていましたが、今は、どっちかと
いうと、趣味などにかけるお金を稼ぐために仕事を
しているような気がします。
仕事に生きがいを見出している方などには怒られそう
ですけれども・・・(^^;)

あ、だからと言って、仕事をいい加減な気持ちでやってる
わけではないですよ?それなりに楽しいと思ってますので。

ところで、関係ないですが、昔学生時代にバイトでお世話に
なった方で、何度もおごったりして下さった方がいて、
「出世したら返してもらうわ」とおっしゃっていましたが、
未だにお返しができてません。
その方も転職して、とても大変な環境にいらっしゃるので、
そのうち時間に余裕があるならば、奢って差し上げたいなぁ、
と思っています。特に私が出世したわけではないのですが、
のほほんと仕事してますので・・・せめて・・・。
と、この文章を読んで思いました。

転職、がんばってください。

投稿: たま | 2005/07/14 17:48

たまさん、はじめまして。
ありがとうございます。勇気づけられました。
僕も、お世話になった方々がたくさんいらっしゃいます。
実は、そのうち最もお世話になった方が、若くしてお亡くなりになって・・・・・・。
そういうことも、僕が人生の残り時間を気にするきっかけになりました。
とりとめない文になってしまいましたが、本当にありがとうございます。心に染みました。

投稿: 圭太 | 2005/07/14 23:03

みんな悩みながら生きているのですね。
人は生きるために働くのか。
働くために生きるのか・・・。

わたしも“何のために生きてるんだろう”とよく考えます。そう考えていると,“幸せってなんだろう?”というところに行くのです。自分の思い描いている生活ができることが幸せかもしれないけれど、、それを実現できずにもがき苦しんでいるとまた“何のために生きているの?”というところへと戻ってきてしまう・・・。もっと要領よく生きられたらいいのに。それができない。
人は悩むために生きているのか。
生きるために悩むのか。^^;
その繰り返しですね。
わたしもできることなら転職したいです・・・。

投稿: ちこ | 2005/07/14 23:14

ちこさん、こんばんは。
お返事を書こうとしたのですが、重い。未熟者の僕には難しいコメントです。
でも、ここは、酔いに任せてたわごとを書くことをお許し下さい。

ちこさんの、ブログにおじゃますると、息子さんへの愛情が伝わってきます。思わずほほえんでしまうこともしばしばです。
僕は、誰かのために自分の人生の一部を割くことは、極めて困難で、非常に尊く思えます。
僕など、利己主義でありながら、それを隠すための表現を試みている自分を発見することが、呼吸の回数と同じぐらいあります。

僕には、そのために生きる、という信念が欠けているようです。でも、それを追求するのに、手遅れだとは思っていないところが、僕の楽観主義的で、経済観念のないところです。

投稿: 圭太 | 2005/07/14 23:45

でも、誰かのために人生の一部を割き、そこから抜け出せずにというか、突っ走りすぎると“自分の人生”を見失ってしまうのではないでしょうか。
そのことにわたしは最近気づきました。
もしかしたら、気づかないなら気づかないままでいいのかもしれません。
それを全うすればいいのですから。

朝霧さんのこの記事を読んでいると
どうしても、自分の夫とダブってしまいます。(性格には元夫)
うちのだんなのほうが状況は悪いですが、(転職の回数多し、借金多額・・・^^;)
あの人も経済観念がありません。
だからわたしの気持ちもわからないところがあるのだと思います。
それでも、一緒にいたいのです。
家族が健康で、一緒に暮らせることがわたしにとっての最高の幸せです。
もっと単純に生きられたらいいのにね。
アフリカの何とか族の人たちのように。
生きるために働いてるに決まってるじゃないか!と
彼らは自信を持って答えるのでしょうね。

投稿: ちこ | 2005/07/15 00:25

ちこさん、おはようございます。
ちこさんのブログの記事から察するに、息子さんはもうすぐ思春期を迎えるのでは。思春期には、それまで当然と感じていた母親との一体感がうとましくなっていくことが多いようです。もし、そうなって、息子さんが真剣に人を愛するようなことが起これば、ちこさんが、自分の人生のために生きることの意味を分かるようになるような気がします。
他人の無責任な想像ですが。

投稿: 圭太 | 2005/07/15 07:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/4961035

この記事へのトラックバック一覧です: 泣き言:

» 布団の掃除! [どうすればアトピー完治?]
そうか!布団の掃除。アトピーと育児vs主婦さんのサイトを見て、思い出しました。夏になって、最近汗をかくことが多くなったせいか、ちょっと調子が悪めになってきました。そろそろ対策を真面目にやらないとまた悪くなってしまうのでは…と思ってビタミン剤とか飲み始めたんですが…忘... [続きを読む]

受信: 2005/07/14 22:46

» 永遠のテーマ [風と共に走る]
以前、泣き言を何度か書きましたが 朝霧さんのブログ矮人観場の泣き言を読んで 今、 [続きを読む]

受信: 2005/07/15 23:39

« 伝えられそで、・・・ | トップページ | しまった! »