« 新格言 | トップページ | アトピーが治るまで(7) »

2005/07/02

いじめと文化と喫煙と

誰かに何かを言うとき、何らかの歯止めがかかる。
もちろん、相手によってその歯止めが強いときと弱いときがある。
他の誰かが先に言っていると、その歯止めは弱くなる。他に言っている人が多ければ多いほど、弱くなる。

今ならさしずめ、喫煙。
喫煙に対して苦言を呈する際の歯止めは限りなくゼロに近いだろう。目の前で世話になった人が喫煙しているのでもない限り。

これは、いじめの構図と酷似している。
自分が最初にいじめるのは、かなり抵抗感が強い。しかし、他の者がすでにやっておれば、その抵抗感は弱まる。
いじめている者が多くなればなるほど、罪の意識も減る。

心の底では誰かをいじめたい、そういう奴が多いんだ。

喫煙者なら、安心していじめられるもんね。

もちろん、マナーの悪い喫煙者は糾弾してしかるべきである。
しかし、喫煙者全てを悪者扱いするのは、

年間1万人ほど、交通事故で死亡している。

だから、車を運転する奴はみんな悪者だ。

と主張するのと同じである。

こう言えば、「車は役に立つけれど、煙草は何の役にも立たない」という輩が出てくる。

だいたい、煙草は文化で、自動車は文明だ。

文明は生活に必要な技術から生まれるものである。

文化は生活に直接必要ないように見えるものである。

だから、煙草が役に立たないように見えるのは、文化である以上必然なのである。

煙草を文化と認めない人々に感じるのは、直接的に生活に役立たないものを不要と切り捨てる精神を持っていることである。
そういう人にかかれば、美術館も、コンサートホールも、芸術作品も、大学も全て不要になりかねない。

文化を迫害する精神といじめは同根だ →人気blogランキング へ
煙草は文化だ →人気blogランキング へ

|

« 新格言 | トップページ | アトピーが治るまで(7) »

文化」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

いじめ、受けた事ありますから、まあ陰湿な残虐性は人間、皆あるということは良く分かります。そう、異質なものや、必要性のない物、それらをする人に対して、理解できないものは排除と言う感覚ですか。芸術家はよくそういう攻撃を受けますね。つまり、人は許容量が狭い。ゆとりがない、心に。あくせく働く事を第一義にしてしまった文明の責任ですね。体に悪い=人が病気になる=悪。必要ない。排除。単純ですね、確かに。でも、喫煙者は中毒です。やめられないから苦しんでいるのにね。

投稿: AS | 2005/07/02 02:15

おはようございます。
私は煙草を吸い始めて20年になります。
若い頃は、歩き煙草やポイ捨てなど
目を覆いたくなるような行為をしてきました。

今、愛煙家が肩身の狭い思いをしているのは
そんな私の罪のせいだと反省するばかりです。

今では、外で煙草を楽しむ時は、
ひとけを避け、携帯灰皿を使用しております。

灰皿を忘れた時はコンビニなどで買っています
おかげで携帯灰皿が8コもあります。
別に集めている訳では無いんですけどね^^;

投稿: ぽんこつ | 2005/07/02 08:08

AS さん、こんばんは。
実は僕もいじめられたことがあります。小学生の頃でした。家が貧しくて、はやりの靴や文房具なんかを一つも持っていなかったこと、第一子なのにお下がりの服(知り合いの人からもらっていた)を着ていたことなどが原因だったと思います。そのため、小学校の時は将来は絶対金持ちになると心に誓っていました。たぶん、高校の頃までそういう気分は残っていたと思います。高校の頃、自分と向き合う時間を持ち、金持ちになる道は自分に向いていないと気付きましたが。
他にも人には言えない理由があり、自分の実力以上の物をもってして権威をふりかざすあらゆるものに嫌悪を抱く性癖が形成されて現在に至っております。僕の巨人嫌いは結構根が深いのです。

ぽんこつさん、こんばんは。
いやぁ、僕もポイ捨てしてましたね、そう言えば。中学や高校の頃なんて、中毒じゃなかったけれど、吸うときは必ず、ポイ捨てでしたね。
おかげで思い出しました。偽善者になるところでした。ありがとうございます。
自分は絶対善だと思って発言するのと、自分の非を知りながら、それをおしてでも発言するのとでは、重みが違いますもんね。

投稿: 圭太 | 2005/07/03 00:18

おはようございます。そうでしたか、私は中学、北海道から12月という中途半端な時期に転校、おまけに両親の別離、(北海道の制服はセーラー)という状況で、もう異質を絵に描いたような(笑)先生からも面接の時に「この中学はレベルが高いですから」まで言われて。そう、嫌でも目立ちましたね。だから、その前の状況は書かなくても結構お分かりいただけるかと。大人になると、あの頃の事も自分で自分なりに頑張ってきたじゃないと思えますよね。ずっと後になって、同窓会でその頃いじめてきた人達が謝ってくれました。まあ、大人になっても偏見に晒されるし主人の両親との同居で毎日、感謝を表すようにしていますが、たまにね、疲れるよ。人間ねそんなにいい顔ばかりはしてられないです。

投稿: AS | 2005/07/03 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/4766057

この記事へのトラックバック一覧です: いじめと文化と喫煙と:

« 新格言 | トップページ | アトピーが治るまで(7) »