« July Bride | トップページ | 蝉時雨 そして 過ぎ去りし日の過ち »

2007/07/29

July Bride 余話

結婚から、さよならまで。

今日は、先週の記事July Brideに関する話題を2つ、3つ。

①まず、タイトルの July Bride について。

これは、もちろん ジューンブライド(June Bride 6月の花嫁)をもじったものです。
June が 結婚の守護神に由来することから、6月の花嫁が幸せになると言われていることや、ヨーロッパの6月が北海道と同じく、一年で最も気持ちの良い時期だということはよく知られているようですので、ここではちょっと違った角度から。

June という6月を指す言葉は、ローマ神話のユピテルの妻で結婚の守護神であるユノ(Juno)に由来します。ローマという帝国は、色んな意味で偉大でしたが、文化はギリシアに及ばず、ギリシア文化を吸収・模倣します。神話もそうで、ローマ神話はギリシア神話とほぼ同じです。

ユピテルはローマ神話の主神ながらなじみが薄いですが、英語読みでジュピター(Jupiter)と言えばぴんと来ますね。 更に、ギリシア神話のゼウスに当たると言えば、もっとはっきりしますね。

すると、June Bride の元であるユノ(Juno)は、ギリシア神話のヘラということになりますね。すると、美しいジューンブライドも、すぐに嫉妬深く恐ろしい妻に変わりそうな気がします。何せ、夫であるゼウスの浮気でできた赤ん坊を殺そうとして毒蛇を放つような女神です。ちなみにその赤ん坊は素手でその毒蛇を殺し、無事に成長しました。そしてヘラクレスという英雄になります。

対応するローマ神話とギリシア神話の神を並べると意外に思うことがしばしばあります。

ギリシア神話 ローマ神話 英語読み
ゼウス ユピテル ジュピター
ヘラ ユノ ジュノー
エロス クピド キューピッド
ポセイドン ネプトゥヌス ネプチューン
アフロディテ ウェヌス ビーナス

なお、7月の July の方はユリウス・カエサル(英語読みではジュリアス・シーザー)に由来します。カエサルは7月生まれだったのです。また、彼の養子たるアウグストゥスに由来するのが8月の August です。

彼ら二人の名が入ったため10ヶ月だったローマの暦が12ヶ月になり、おかしなことが起こりました。8の月という意味だった October が、前に二つ割り込まれたため10月になってしまったのです。 October の Octo はオクトパス octopus と同じく8を表します。

なお、September の sept は 7 なのに9月、November の nov は nona の変化で 9 なのに11月、December の deca は 10なのに12月となっているのも同じ理由です。

②テーブルについて

我が家は、中学が皆同じという珍しい一家なのですが、結婚式で同じテーブルになったメンバー(我が家と義妹の友人)が、何と全員同じ中学でした。ただそれだけで、他に言うこともないので、校歌でも。

♪心にしみる 日の光 体を染める 青い空♪

③高校時代について

文中で僕が高校時代に式典をさぼった話が出てきますが、その式典で講演をしたのは、主婦の店と呼ばれ、かつて球団も所有していたスーパーを一代で築き上げ、松下電器と大喧嘩をしたあの人で、僕の高校の前身の旧制中学出身だそうです。

実は、その式典の講演は同じ旧制中学出身の大先輩で
「さよなら、さよなら、さよなら」
でおなじみだった映画解説者が内定しており、僕たちは、講演の最後に何回「さよなら」って言うか賭けようぜなどと無邪気に言って楽しみにしていたのですが、健康上の理由から急遽キャンセルとなり、代役としてあの人が呼ばれたのです。僕たち数人のすね者は、自慢話は聞きたくないよなとサボったのです。

高校時代は反感を感じていたあの人も、今は鬼籍に入られました。阪神淡路大震災の時には、自ら陣頭指揮を執り、道路の寸断された神戸にヘリやフェリーで物資を運び続け、被災者を大いに励ましました。お亡くなりになる前は評判を大いに落とされていましたが、神戸市民の僕は、自社の凋落を決定づけることになる大災害の際に、義侠心に富んだ活躍をなさったことを決して忘れません。

|

« July Bride | トップページ | 蝉時雨 そして 過ぎ去りし日の過ち »

圭太と愉快な仲間たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/15848578

この記事へのトラックバック一覧です: July Bride 余話:

« July Bride | トップページ | 蝉時雨 そして 過ぎ去りし日の過ち »