« 野球の神様っておるねんなぁ | トップページ | 花シリーズ(?)の、いちおう第1回 »

2008/04/05

MZM(もう 絶対 ムリ)

Pencil02これ以上はいくらなんでも・・・。
(写真はクリックすると拡大されます)

最近、文字に対する意識が変わってきています。

僕は、生来の面倒くさがり屋の性格に加え、仕事上の必要性から、極端な効率主義者になってしまいました。

無意識的に、同じ結果を得るのにかかる時間と手間を最小限にすべく行動してしまいます。それで、美しさ はいつも犠牲になります。美的センスが決定的に欠けているので、仮に追求しても、まぁ、無理でしょうが。

そんな僕には、パソコンが性に合いました。
ウィンドウズの登場以前からパソコンに親しみ、文字を書くことがどんどん少なくなりました。手書きで1文字書く間に、パソコンなら5文字ぐらい入力できますから、プリントアウトにかかる2,3分(20年ぐらい前の、インクリボンのプリンタって遅かったですよね。図体ばっかりでかくて。)を考慮に入れても絶対パソコンの方が早いし、後の整理や検索を考えると手書きなんてバカらしくなったのです。

ところが、最近、無性に手で字を書きたくなってきたのです。

今年に入ってすぐぐらいから、仕事場はともかく、家では手書きをすることが増えました。毎日1~2時間は手書きをしています。まぁ、書き続けているわけではなく、本を読みながらノートをとっているだけですが。

これが、心地いいんですよね。手書きが。

最初は、ボールペンで始めましたが、すぐに鉛筆に変えました。
色も徐々に増え、今は、黒、赤、青、緑の鉛筆を使っています。

効率主義からすると、書けばいいんだから、百均で購入すべきですが、わざわざ大きな文房具店で鉛筆とノートを購入しました。自分でもどうしたんだろうと不思議です。

ノートは一万年以上保存がきくと謳っているツバメのノートで 1冊 431円
鉛筆は三菱のハイ・ユニで 1本 147円
色鉛筆は三菱のユニカラーで 1本 126円

自分でも自分の変わり方に驚いています。効率至上主義だった頃の僕には気付かなかったと思いますが、これらの高級品はやっぱり普通のとは違うんですね。

自分でも 「ホンマに違うんか?」 と思い、家にあったトンボの安い鉛筆と比べましたが、滑らかさ、字を書いて感じる心地よさが全く違います。引っ掛かりというものがありません。

人間、変われば変わるもので、今や手書きが大好きになっています。

ただ、変わらないところもあります。貧乏性です。百聞は一見に如かず、で下の写真をご覧下さい。いずれの写真も同じ2本の鉛筆を撮ったものです。また、写真をクリックすれば拡大されます。

Pencil02 Pencil01_2

|

« 野球の神様っておるねんなぁ | トップページ | 花シリーズ(?)の、いちおう第1回 »

圭太と愉快な仲間たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/40692845

この記事へのトラックバック一覧です: MZM(もう 絶対 ムリ):

« 野球の神様っておるねんなぁ | トップページ | 花シリーズ(?)の、いちおう第1回 »