« 花シリーズ、堂々の第2回 | トップページ | 花シリーズ 第4回 ~五月雨もまた良き哉 »

2008/06/06

花シリーズ、もう恥ずかしがらずに「シリーズ」と言える、第3回!

シリーズ第2回の大好評(?)にお応えして、今回もクイズ形式で始めます。

Q)以下の項目に共通するのは何でしょう?

    沢田研二

    白い家

    モロッコ

今回は簡単だと思うのですが、念のために第2ヒント。

イングリット・バーグマン

08060601

ダメ押しで第3ヒント。最終ヒントです。

ハンフリー・ボガード

08060603 

もうお分かりですね。答えは カサブランカ

この記事中の写真の花がたぶんカサブランカです。

念のため、クイズの解説を。

沢田研二
カサブランカ・ダンディ ですね。レコード大賞をとったのかな? ウィスキーで霧を吹くやつです。

白い家
カサブランカは Casablancaで、Casaは「家」、blancaは「白い」という意味。スペイン語だと思います

モロッコ
カサブランカは北アフリカのモロッコにある都市です。古くは、ローマと戦ったハンニバルのフェニキア人が植民市として建設したとか。

08060602

イングリット・バーグマン & ハンフリー・ボガード
映画「カサブランカ」ですね。

「昨日はどうしてたの?」

「そんなに昔のことは覚えちゃいない」

「今夜はこれからどうするの?」

「そんなに先のことは分からない」

というアレですね。「君の瞳に乾杯」というのもありました。
もう60年以上も前の映画で、太平洋戦争が泥沼化した1942年(昭和17年)の公開です。

08060604

附記1)今回から今までの携帯や20世紀最後の年に買ったデジカメの写真から、まともなデジカメでの写真に切り替えました。義弟が新しいのを買ったということで、譲ってくれたパナソニックのLumixです。美しさに感動して、毎日あれこれ撮っています。ただ、ブログにアップする時は、軽くするため画質を落とさざるを得ないのが残念です。

附記2)花の写真を撮りながら、少しずつ花の名前を覚えようとしています(今までは、桜とか梅とかチューリップとか幼稚園児レベル、あるいはそれ以下しか知りませんでした)
どくだみ の花を覚えたので家族に自慢することにしました。まずは嫁さんから。

圭太: 階段降りてすぐ左にある花、何か知っとぉ?(知っているか?)

嫁: えっ? どくだみ の近く? 何かあったっけ?

圭太: いや、そ、その、ど、どくだみやねんけど・・・。

嫁さんは、まさか どくだみの花を知っていることを僕が自慢しようとしているとは思わなかったようです。

次は上の子。直接その場所で聞いてみた。

圭太: この花、何か知っとぉか?

子供: えっ? これ、どくだみとちゃうの?

圭太: い、いや、どくだみ・・・。

次は、最後の砦、下の子。こいつは知らんやろ。なんせ野球部のハゲチャビンやから。

圭太: この花、何か知っとぉか?

ハゲチャビン: どくだみ。

圭太: 何で、知っとぉねん(なぜ知っているのか)

ハゲチャビン: そんなん知らん人おるん?

圭太: くっそう。ほんなら、お前、紫露草知っとぉか?

ハゲチャビン: あれやろ(と紫露草を指差す)

圭太: ほんなら、昼咲月見草は? 黄素馨(きそけい)は? 野萱草(のかんぞう)は?

あんまり、悔しいので、最近名前だけ知ったけれど、花と一致しないやつまで持ち出して畳み掛けてやりました。ハッハッハ。

附記3)このカサブランカの名前がなかなか分かりませんでした。家の周りにいくらでも咲いているので、ありふれた花だと思うのですが。形から絶対ユリ科だと思い、調べてみると、ユウスゲ と似ているのですが、咲く時期が違ってダメ。ニッコウキスゲ にも似ていますが、色が少し違うのと、咲く場所が全然違ってダメ。ネットであれこれ調べたものの、全部ダメでした。あきらめかけていたとき、近所を散歩していると、有志の方が整備されている歌壇で紹介するプレートを見つけて分かりました。今まで、週に何度も通っている所ですが、主に車だったので気付きませんでした。

附記4)記事の内容とは全く関係がありませんが、記事中で「なんでしょう?」という部分を我が愛用のパソコンPriusで変換すると、「でしょう?」と出た。Prius君は麻雀にはまっているのかもしれません。

|

« 花シリーズ、堂々の第2回 | トップページ | 花シリーズ 第4回 ~五月雨もまた良き哉 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/41441933

この記事へのトラックバック一覧です: 花シリーズ、もう恥ずかしがらずに「シリーズ」と言える、第3回!:

« 花シリーズ、堂々の第2回 | トップページ | 花シリーズ 第4回 ~五月雨もまた良き哉 »