« 近江路散歩(2) | トップページ | 滝めぐり(1)~太山寺 雄滝 »

2008/08/30

近江路散歩(3)

080813064cocolog_2

近江路散歩シリーズ1回目の湖北隧道、2回目の賤ケ岳に次いで、3回目の今日はぐっとミーハーになって彦根城です。

賤ケ岳からJRの木ノ本駅へ向かいました。永原駅までは、琵琶湖の西岸を走る湖西線でしたが、今度は湖東を走る北陸本線です。

JRはなぜか「ノ」が好きで、神戸にも三宮にある駅が「三ノ宮駅」となっています (阪急、阪神、市営地下鉄は三宮駅)。 木ノ本駅も、どういう訳か、町名の木之本と違う表記になっています。

町内に一つしか駅がないためか、非常にきれいな駅舎です。1時間に2本ずつぐらいしか電車がなく、駅に入ってすぐと、ホームに待合所があり、いずれもエアコンがあることに驚きました。阪神間では、大阪駅でさえエアコンはありません (阪急の主要駅にはあります)。

30分近く待たされてやっと乗った電車にも驚きました。2両しかないのです。明石駅から乗った新快速は12両でした。京都駅で湖西線方面の4両と、北陸線方面の8両に切り離されたので、北陸線は8両かと思いきや、それは新快速のことで、普通電車は2両になっているようです。

080813056cocolog

車内に入ってさらに驚いたのは、電車なのに整理券の発券機がついていることです。それに驚いていると、息子が腕をつついてきて、前を見ろと言います。

080813057cocolog

運転席の横にはちゃんと料金箱もあります。更に上を見ると、

080813058cocolog_2

ちゃんと、料金表もありました。
ただ、これらのバスのような機器は、他の路線を走る時のためのもののようで、僕たちが乗った区間では使用されていませんでした。料金表には「敦賀」駅とか、「東舞鶴」駅とかの表示があるので、小浜線で使用されているのだと思います。

電車がバスのようだと言えば、彦根駅に降りたときにも驚きました。

080813059cocolog

電車の側面に広告が入っているのです。近所のバスに広告が入った時にも驚きましたが、今回はそれ以上にびっくり。

彦根駅前は、今までの湖北とは様子がかなり違い、人がたくさんいます。例の「ヒコニャン」だらけで、賑やかです。

朝6時前にとった朝食以来、何も食べていなかったので、猛暑の中歩いてあまり空腹を感じていなかったのですが、もう2時半。とりあえず駅前でざるそばを食べて、彦根城へ。駅から5分ほどでした。

080813060cocolog

お堀そばのやぐらに何か見えたので、ここにも鯱(しゃちほこ)があるのかと思いきや、望遠レンズでうかがうと、アオサギでした。明石公園で会って以来サギにあいました! 後編、親しみを感じているので、思わずシャッターを切りました。

080813061cocolog_2

城内に入ると、かなりの人。写真を撮るのに苦労します。「ヒコニャン」によるアピールは大成功のようです。

080813062cocolog_2

人が映らないようにしようと思えば、大したことのないものばかりになってしまいました。

080813063cocolog

播磨に住む者としては、城と言えば姫路城なので、つい比べてしまい、上の天守閣もとても小さく感じました。司馬遼太郎の「街道をゆく」で、彦根城の部分街道をゆく 24を読み返してから訪ねたので、期待が膨らんでいたのですが、ちょっと落胆。

080813065cocolog

野球少年の息子は、近江高校のグランドが見えると喜んでいました。近江高校が前に甲子園で活躍したときはどうだったとか、 嬉々として話しています。

080813066cocolog_3 数分、列にならんで、ようやく天守閣に入りました。天守閣が琵琶湖が眺められるのは、姫路城にはない魅力。

ただ、金網が張ってあるのはちょっと残念。

080813067cocolog

幅の狭い湖北と違って、南側の琵琶湖は海のような開放感。

080813068cocolog

天守閣はどこもそうかもしれませんが、本当に階段が急。海兵隊員のようなスゴイ体格をした外国人がいましたが、彼も上り下りに苦労していました。

080813069cocolog

天守閣から出ると、昼下がりで、少し光線が弱くなり、風が心地よく感じます。

080813070cocolog

坂を下りながら、小ぶりな城も結構いいもんだと思ったりしました。今度来るときは、早朝、人が少ないときにしようとも。司馬遼太郎も、朝早く訪れたと書いていた気がします。

司馬遼太郎という人は坂が嫌いな人で、よく自らそう書いています。そうは言っても、大正生まれですから、取材のために相当ひどい道を苦労して歩いたんだろうなと思っていたのですが、この彦根城の天守閣までの道もつらいと書いていたことを思い出して、にやにやしました。ここは、全然大した坂ではないのです。大阪という坂のない街で長く暮らしたため、あれだけ歴史に通暁した人が、坂道嫌いだけは車に慣らされきった現代っ子と同じ感覚であることに、おかしみを感じたのです。

080813071cocolog

登った道と反対側に下ると庭園がありました。

080813072cocolog

庭園も大学を過ごした京都と比べると・・・、いや、比べるのはやめておきましょう。

080813073cocolog

やっぱり、比べると、京都なら、この庭園では有料にできないでしょう。ただ、京都に勝るのは、庭園から城が臨めることで、上の写真も借景に天守閣を入れてみました。もっとも、城のある京都など、想像できませんが。

080813074cocolog

帰りに、再びお堀端を通ると、今度は黒鳥が2羽、仲良くならんでいました。

これで、3回に渡って書いた近江路散歩は終了です。
8/13に行ったのですが、今度は冬に、湖北だけまわりたいな、などと思っています。

|

« 近江路散歩(2) | トップページ | 滝めぐり(1)~太山寺 雄滝 »

たび・さんぽ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/42258792

この記事へのトラックバック一覧です: 近江路散歩(3):

« 近江路散歩(2) | トップページ | 滝めぐり(1)~太山寺 雄滝 »