« 夕焼~アジュール舞子 | トップページ | 霧雨に煙る里の秋(1)~岩谷峠 »

2008/10/01

迂闊だった、でもその分ハッピー

この前、大発見をしました。

もっとも、僕だけにとっての大発見ですが。

司馬遼太郎のファンで、全ての長編小説と『街道をゆく』は読破した…つもりでした。

ところが、先日、本屋で平積みの中に『夏草の賦』が目に入りました。長曾我部元親の話です。この本を読んだ記憶がありません。

ただ、僕は立ち読みをしない主義なので、読んだことがないと思って買ったものの、家で1ページ読むと 「うん? もしかして…」、2ページ読むと 「またやってもた」 ということが何度かありました。たぶん、5、6回は同じ本を買ったことがあると思います。

今回は慎重を期して、自ら定めた禁をも破り、最初と中頃の2箇所を立ち読みし、その上で購入しました。

081001 いやぁ、面白いですね。読んだタイミングも良かった。

次々と司馬作品を読んでいた頃に、これを読んだなら、『坂の上の雲』、『竜馬がゆく』、『国盗り物語』、『菜の花の沖』…などの作品の中に霞んでさほど印象に残らなかったかもしれません。

この作品は元親の妻がフィーチャーされているのですが、やはり司馬さんの筆は、潔い男を描くときの勢いが最も良いのですよね。山内一豊の妻の話なんて題名も思い出せないほど、印象に残っていませんから。

ともかく、今の僕はこの本を寝しなに読むのが無上の喜びです。

|

« 夕焼~アジュール舞子 | トップページ | 霧雨に煙る里の秋(1)~岩谷峠 »

圭太と愉快な仲間たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/42650340

この記事へのトラックバック一覧です: 迂闊だった、でもその分ハッピー:

« 夕焼~アジュール舞子 | トップページ | 霧雨に煙る里の秋(1)~岩谷峠 »