« 渡る世間に鬼はなし | トップページ | 古寺巡礼~須磨寺(1) »

2008/10/31

かみきり

久しぶりに床屋さんへ行ってきました。

髪を切る自体、たぶん2ヶ月ぶりぐらいなのですが、しばらく美容院に行っていたので、散髪屋は7,8年ぶりなのです。

えぇ、分かっていますよ。僕には全く美容院は似つかわしくありません。それは本人が重々承知しております。

中学の時の友達が美容院を開業したので、家からは車で30分近くかかるのですが、そこへ通っていたのです。ガラス張りの美しい店で本当に僕には合っていない雰囲気です。その友人は高校を1学期ももたずに退学したので、中学時代の仲間を大切にし、同級生が行くと、6割引きの2000円でカットしてくれました。

6割引と言えば、大サービスですが、

「元が5000円というのが、そもそも取り過ぎや」

とか

「中3の時にさんざん英語教えてやったからええやろ」

とか思っていました。

でも、先日、ふと 「ちょっとあつかまし過ぎるかな」 と思いました。すると

「英語は教えてやったけど、美術の絵はいつも描いてもろとったな」

ということも思い出しました。僕の美術成績はだいたい5段階の 4 でしたが、それはこの友人のおかげでした。中3の最後は、描いてもらっていたことがバレて、 3 になってしまいました。それが僕の実力です。

そう言えば、開業当初は他の同級生もたくさん来ていたようですが、最近は来ていないようです。僕より一足先に大人になったみんなは、やはり気を使って来なくなったのでしょう。

そこで、近所の散髪屋へ行くことにしたのです。速くて安い店で、30分ぐらいで仕上がりました。散髪1300円、顔そりとシャンプーが600円、しめて1900円です。

僕は7つあるいすの中央でしたが、左端では、元気なおじいさんが、床屋談議に花を咲かせていました。大音量でちょっと離れているのに、全て聞こえました。

将棋の名人戦を見に行く話から始まり、その賞金からゴルフの賞金に移り、次いで勝負師はこうあるべきだという持論を展開。そこから、野球にもつながりました。

大音量のおじいさん(以下 大):「勝負師は人気より何より勝たなあかん」

圭太の心中(以下 心):まぁ、それはそうやな。

大:「ほら、岡田監督見てみぃな。あんだけ、みんな、岡田、岡田言うとったのに、手のひら返すようやろ」

心:ははぁ。タイガースファンか。タイガースファンには何で声の大きな人が多いのやろ?
それにしても、そんなに岡田は人気があったんかな?

大:「4位いうたら、世間ではまぁまぁかもしらんけど、勝負師やったらそれではあかん」

心:えっ!4位?? タイガースは2位だったのでは?

大:「コマーシャルもいっぺんになくなったやろ」

心:岡田のコマーシャル? そんなん、現役時代のジョインジュースしか知らんど。

大:「WBCも原なんかに取られよったし。もうあかんで」

やっと分かりました。タイガースファンのおじいさんは、星野と岡田を完全に間違えて言っているんですね。タイガースがジャイアンツに競り負けた悔しさと、オリンピックでメダルが取れなかった悔しさが深層心理の中で結びついたために言い間違えたのだと、フロイトなら解説するところでしょうか。

附記1)
タイガースファンを20年以上前にやめた僕ですが、今度の真弓監督はちょっと期待しています。家が近所ですし、奥さんがかつて店を出していたビルに今の僕の職場がありますし、何より、現役時代(僕がまだタイガースファンだった80年代半ばまで)の「一番 真弓」のコールを聞いたときのあの期待感を思い出したからです。

附記2)
僕は散髪した後で見せてくれるあの鏡の見方がよく分かりません。今まで鏡を見せながら「どうでしょうか?」と言われて「これでいいです。ありがとう」以外の返答をしたことがありません。友人の美容院に行っていた頃は、僕が鏡をろくすっぽ見ずに「ええわ。サンキュー」などと言うので、いつの間にか僕には鏡を示してくれなくなりました。
そう言えば、それだけでなく、最初に「今日はどうされますか?」と聞かれた時も「短くお願いします」ばっかりです。若い頃は「お任せします」でした。あれって、皆さんはどう答えているのだろう?

附記3)
まだ、沖縄在住の方からアクセスがないようです。早く、「めんそぉれぇ」って言いたいのですが。

|

« 渡る世間に鬼はなし | トップページ | 古寺巡礼~須磨寺(1) »

圭太と愉快な仲間たち」カテゴリの記事

コメント

ははは・・・真弓さんって男前ですねえ。野球はあまりしらないのですが、野球選手って、中々男前が多いです。我が家の相棒、すっごく少なくなってる毛。それなのに、床屋さんへ行くんです。「そんなに少ないんやから安くしてもらえへんの??」って言うんですけど「少ないほうが難しいンやそうや」ですって。

投稿: 山口ももり | 2008/10/31 09:17

shine 山口ももりさん
真弓は男前だし、爽やかです。見た目だけでなくプレーもそうでした。
僕は髪の毛が硬いし、多いしで、上の友人からは、「お前は倍、手ぇ動かさなあかんわ」とよく文句を言われました。旦那さんのような方と僕のような者とで散髪屋さんは、平均すればちょうど良い加減になっているのかもしれません。

投稿: 圭太 | 2008/10/31 09:30

いやぁ~大笑いしながら読ませていただきました
いっぱいツボにはまりました~

>中3の最後は、描いてもらっていたことがバレて、 3 になってしまいました。それが僕の実力です。
このあたりからね^^
圭太さんこういうの書かせたら(えらそうに・・ごめん!)右に出る人がいないくらい上手いですよね!ホメスギ?happy02

>あれって、皆さんはどう答えているのだろう?
私は6割引きじゃないので、あれこれ注文をつけてやっていただいています
「長さはこのままで、上の方を軽い感じに、横は前下がりでね」という感じで
最後の手鏡の使い方も、練習しなくてもはじめから使えました~happy01

投稿: vanilla | 2008/10/31 11:25

shine vanillaさん
ありがとうございます。複雑な所も若干はありますが、基本的に単純な性格なので、ほめすぎぐらいがちょうどよいかと思いますので、今後もよろしくどうぞ。
すみません、「皆さんはどう答えているのだろう」の「皆さん」は男性を想定していました。友人の美容室に行っていても、女性のお客さんは実に巧妙に支持というか希望というかを述べているのは聞いていたので。
最近こそ、写真が趣味になり、ビジュアルの充実がなされつつありますが、基本的に今回のような文字ばっかりの見た目の悪いのが僕のブログの特徴で、それ故、あまりひいきの方がいらっしゃいません。そんななか、vanillaさんのような方は、正に、掃き溜めに鶴、のような存在です。文化勲章ものです。重ね重ねよろしくお願いします。&最後まで読んで頂き本当にありがとうございます。

投稿: 圭太 | 2008/10/31 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/42951345

この記事へのトラックバック一覧です: かみきり:

« 渡る世間に鬼はなし | トップページ | 古寺巡礼~須磨寺(1) »