« 霧雨に煙る里の秋(3)~三木・西神 | トップページ | そう言や、最近、あんたは自分とちゃうなぁ »

2008/10/07

天神さん、新境地

081006001lumix

3回続けて雨の記事で、陰鬱になってしまったので、まずは爽やかな秋晴れから。

秋空にふさわしい場所を考えながらニュースを何となく見ていると、須磨の綱敷天満宮で、新しい像の除幕式が行われたと言っていました。

「須磨の天神さん」こと、綱敷天満宮なら須磨の海岸がすぐだし、いいかもしれない、駐車場も無料だし、と思い出かけてきました。

081006005lumix

綱敷天満宮は、菅原道真が大宰府に左遷され、任地に赴く途中、須磨の海岸で休憩するときに、地元の漁民が綱で作った円座を敷いたということからできたお社だということです。

081006007lumix

境内に入ると、今までなかった看板が。「波乗り祈願」とあります。波乗り?

081006012lumix

驚きました。菅原道真の子供の頃と思われる人物が右手でサーフボードを押さえ、左手は前方を指している銅像です。

説明板によれば、「時勢の波に乗り、夢が叶う祈願を行う」とのことです。

う~ん、天神さんも学問だけでなく、多角化の方針を打ち出したか。「時勢」は高度専門化のような気もするけれど。

081006015lumix

すぐ後ろの像は、天神さんらしいものです。まずはご存知、牛。天神さんの使いですね。

頭部だけ、皆がなでるため、テカテカに光っています。

081006017lumix

牛の向かいには、なすび。茄子は、「なす」の音が「成す」に通じるという縁起物だそうです。これは天神さんとは関係あるのかな?

081006023lumix

マリアとイエスの像にも思えますが、天神さんにあるはずもなく、道真母子像とのこと。ちょっと、違和感を感じましたが、後ろにある、金木犀きんもくせい が、何ともいえない芳香を送ってくれたので、まぁ、よしとしましょう。

081006020lumix

ここ、須磨の天神さんは、こじんまりとしたお社で、写真の三重塔もミニチュアサイズです。でも、僕はここが何とのう好きで、以前からよく来ています。ここ15年ほどは毎年、初詣にお参りしていますし、古くは、高校受験と大学受験のときにもお世話になりました(自慢してもいいですか? 高校・大学とも滑り止めなしで、一発合格。いや、もちろん、僕の努力ではなく天神さんのおかげですが)。

081006019lumix

波乗り祈願の横には、たくさんの絵馬が鈴なり。ほとんどが合格祈願でした。

081006018lumix

火焚串の方も、学問の神様へのお願いが多いですが、他のお願いもあります。ただ、波に乗れますようにというのは、まだありませんでした。まぁ、今日(10/7)、始まったところですからね。

今後は、初心者サーファーが上達祈願に来るようになるかもしれません。

081006036lumix

境内を出ると、上空にヘリコプターが。よく見ると、カメラを吊り下げているようです。波乗り祈願開始のニュースのため? まさか、そんなことはありませんよね?

次は、歩いてすぐの須磨海岸へ。

081006026lumix

ユリ科の花だと思いますが、海岸の砂地に生えています。

081006027lumix

海岸に出た頃、あいにくうす曇りとなってしまいました。後ろに霞んでいるのが、淡路島です(南淡=淡路島南部)。

081006033lumix

夏は、ここが人で埋め尽くされるのですが、今はもう秋・・・。誰もいないことはないのですが、本当にまばらな人影。

081006029lumix

ウインドサーファーがいました。おっとっとっと。この後、倒れてしまいました。波乗り祈願が必要? いやいや、ご本人の名誉のため証言しておきますが、僕が見ている間で失敗したのはこの時だけで、あとは気持ちよさそうにスイスイと進んでいました。

081006034lumix

海釣り公園が見えます。無料開放の日だとかで、平日なのに大勢の太公望が。後ろはやはり、淡路島です(北淡=淡路島北部)。

081006035lumix

さすが、白砂青松と平安の昔から呼ばれた地だけあって、灯台が松林に囲まれています。

大きな地図で見る

この後、須磨の高台にある須磨寺にも参ったのですが、これは回を改めて書きます。

|

« 霧雨に煙る里の秋(3)~三木・西神 | トップページ | そう言や、最近、あんたは自分とちゃうなぁ »

たび・さんぽ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

波乗り祈願には、ビックリですね。

投稿: もうぞう | 2008/10/07 18:06

今回はめっちゃ楽しいブログですね!
ところどころ大笑いしながら読ませていただきましたhappy01

>菅原道真の子供の頃と思われる人物が右手でサーフボードを押さえ、左手は前方を指している銅像です。
いやいや~ほんと、大笑いしてしまいました
でも、須磨海岸が近いから、本当にサーファーの上達祈願、安全祈願で賑わうかもしれませんよ!
綱敷天満宮、写真で見るかぎり、人もいないみたいで静かで落ち着ける場所のようですね
>僕はここが何とのう好きで、以前からよく来ています。
という、理由の一つではないですか?(o^-^o)

その花はたぶんアマリリスだと思います

須磨海岸、名前は知っていましたが、実際どんな感じか見たことがありませんでした
いいところですね^^

投稿: vanilla | 2008/10/07 23:34

もうぞうさん、いらっしゃいませ。
小さな天神さんですから、十一月の七五三、十二月から三月までの合格祈願以外は参拝客が少ないので、春から夏にかけての目玉にする戦略だと思います。買いませんでしたが、波乗りのお守りも売っており、女性目当ての商品だと思います。

vanillaさん、いらっしゃいませ。
ご指摘の通り、人が少ないことが好きな理由の一つです。
> その花はたぶんアマリリスだと思います
いつもご教授ありがとうございます。調べると、アマリリスは百合にそっくりなのに、ヒガンバナ科なんですね。
> 須磨海岸、名前は知っていましたが、実際どんな感じか見たことがありませんでした。いいところですね
神戸市民としてうれしいお言葉ありがとうございます。ただ、源氏物語に出てくるなど平安時代以来有名なことと、長らく阪神間唯一の砂浜だったこと(今は他にも造られました)にあぐらをかき、魅力を保持する努力をちょっと怠っている気もします。最近は7,8km西のアジュール舞子や、10kmほど西の大蔵海岸に人気を少し取られています。須磨には、一の谷の合戦でも知られるように、海と山が本当に接近しているという魅力があるのだから、その辺をもっと大事にしたらいいと思っているのですが。

投稿: 圭太 | 2008/10/08 08:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/42712884

この記事へのトラックバック一覧です: 天神さん、新境地:

« 霧雨に煙る里の秋(3)~三木・西神 | トップページ | そう言や、最近、あんたは自分とちゃうなぁ »