« 天神さん、新境地 | トップページ | いくらノーベル賞受賞者でも、それは、ちょっと »

2008/10/08

そう言や、最近、あんたは自分とちゃうなぁ

もうぞうさんのブログで面白い記事を見つけました。
→自分は自分それともあなた

新潟弁を話す自動販売機の話題です。ぜひご覧下さい。

その記事の中に

> それはさておき、大阪では二人称を自分という場合が多いそうですね。

> 「自分さぁ、これどう思う?」この場合の自分は「あなた」ですね。

という件くだりがあります。

確かに、そうですね。大阪で勤めている頃、よく他の地方から来た人に
「大阪人って相手のことを自分って呼ぶよね」
などとよく言われました。

ただ、改めて考えると、最近ぼくは「自分」という言葉をほとんど使いません。一人称は「おれ」か「ぼく」か「おいどん」だし(一つは嘘)、二人称は年上の方には「○○さん」と名前を呼び、同い年以下には「お前」です。

たまに、「どうして私の気持ちを受け取ってくれないの」って言われて、

「自分は不器用ですから」

って答えるぐらいかなぁ(真偽の程はご想像通り)

一時はよく使ったし、耳にもしました。80年代かな。

僕は大学時代の京都を除き、神戸で暮らしているのですが、恐らく神戸にはもともと相手を「自分」ということはなかったのでは。それがテレビで明石屋さんまあたりが盛んに使った影響を受け、同じ関西で受容背景が整っていたため、神戸にも広まったのだと推測します。ただ、テレビによる普及は流行り廃りが激しいので、今は使用が減っているのでしょう。

今は、ほとんど大阪に行かないので大阪の状況は分かりませんが。

二人称は相手を目の前にして発するだけに、和をもって貴しとなしたい日本人としては、その言葉の持つニュアンスに敏感にならざるを得ないのでしょうね。

だから、キミ、キサマ、オマエ などは、「君」、「貴様」、「御前」と漢字で書けば立派に敬意を表しているのに、使われるうちにだんだん陳腐化して敬意が薄れ、あげくはさげすむ気持ちを含むようになったのだと思います。

二人称ではありませんが、極めつけは味噌汁の別称「おみおつけ」。

1) ご飯に付けるものということで、味噌汁を「付つけ」と言う

2) 丁寧語の「お」が加わり、「御付おつけ」になる

3) 丁寧さが薄れ、さらに「み」が加わり、「御御付みおつけ」になる

4) またまた丁寧さが薄れ、またまた「お」が加わり、「御御御付おみおつけ」となる

御御御付なんて読めないですよね。面白いものです。

もっとも、おみおつけは、本来「御味御付け」であり、味噌を表す「御味」を「御付け」したものということから来ているという説もありますが、俗説と批判されようが、御御御付の楽しさの方を僕は好みます。

話がそれてしまいましたが、伝統的に日本人は相手に敬意を表するよう意を配ってきましたが、敗戦後の民主的と称される教育でその気持ちが徐々に薄れ、それが極まったバブルの頃に、相手を全く持ち上げない「自分」という二人称が関西に広まったのでしょうか。

そのうち、「自分」も、「おのれ」のように、相手を罵倒する語になるかもしれません。いや、

「自分」も、「おのれ」のように、相手を罵倒する語になる

と断言しておきましょう。なんでも、予測するだけでノーベル賞をもらえるようなので(僕はその南部さんの予測を全く理解できませんでした。理解していない記者が書いた記事を読まされたからで、悪いのはきっと記者です)。

|

« 天神さん、新境地 | トップページ | いくらノーベル賞受賞者でも、それは、ちょっと »

文化」カテゴリの記事

コメント

言われて、はっと気づきましたが、
私も最近は二人称で「自分」という言葉を使っていません。
若いころは、「自分さ~、○○やろ?」みたいな話し方を
していた記憶がありますが、最近は、そんな話し方をするのは
相手に失礼な気がします(^_^;)

てことは、すでに、朝霧さんがおっしゃるように、
「罵倒」とは言わないまでも、少し相手を見下した呼び方に
感じているのかもしれません~。

投稿: たま | 2008/10/08 12:59

なかなか深い洞察力ですね~
一人称でも二人称でも、自分という言い方は、だんだん廃れるのでしょうかね?

投稿: もうぞう | 2008/10/08 19:52

たまさん、いらっしゃい。
そうですか、大阪でも「自分」を相手に向かって使いませんか。
あとは、あまり相手に対して失礼などと考えない、学生かおばちゃんあたりへの調査が必要かな。

もうぞうさん、いらっしゃいませ。
昔は徐々に言葉が広まり、ある地域で廃れても、別の地域で使われているということがあったようですが、テレビで全国一斉に広まる今は、ちょっと変わったニュアンスを持つうちは全国で一斉に使われ、そのニュアンスがあきられるや、一斉に捨てられるのかもしれません。

投稿: 圭太 | 2008/10/09 08:12

おはようございますsun


私は三重に住んでいますが、相手に「自分はどうなん?」と訊ねることがあります・・・でも、その場合の相手は家族限定です!^^
昔は、そんな言い方をしていなかったと思うのです
いつからなのか?
今、考えてみましたが思い出せません
やはりテレビの影響なのかもしれませんね・・・

御御御付のお話楽しく読ませていただきましたhappy01

投稿: vanilla | 2008/10/09 10:05

vanilla さん、いらっしゃいませ。
これはまた、貴重なご報告をありがとうございます。三重では家族限定で使い、しかも元はそういう用法はなかったんですね。
ところで、三重県は近畿地方であり、かつ東海地方といった言い方をされることがありますが、言葉は大阪風、名古屋風どちらなのでしょうか?あるいは、独自の言葉?

投稿: 圭太 | 2008/10/10 08:01

>言葉は大阪風、名古屋風どちらなのでしょうか?あるいは、独自の言葉?
大阪かな?むしろ京都風かな?
でも、ちょっと田舎ナイズされた(?・・・爆)京都弁という感じです
伊勢弁という人もいますhappy01

投稿: vanilla | 2008/10/10 16:20

vanilla さん、おこしやす。
そうどすか。京都風とは意外どすなぁ。
貴重な報告をたびたび、ほんにおおきに。

投稿: 圭太 | 2008/10/12 18:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/42722231

この記事へのトラックバック一覧です: そう言や、最近、あんたは自分とちゃうなぁ:

« 天神さん、新境地 | トップページ | いくらノーベル賞受賞者でも、それは、ちょっと »