« 全国の皆さん、お待たせしました。正解の発表です。 | トップページ | 紅葉狩り2008 その弐 & 滝めぐり(5)~原不動滝 »

2008/11/16

紅葉狩り2008 その壱

予告通り、先週2回行ってきた紅葉狩りの様子をお伝えします。
今日はそのうちの初めの方、神戸を代表する山、六甲の森林植物園です。

#01 ようやく見つけたきれいな形の葉
0811090086d60

11/9は生憎の曇り空でした。森林植物園に入ってすぐの針葉樹林は無気味に薄暗い。
#02 鬱蒼
0811090005d60
(写真は全てクリックすると拡大されます)

ここは植物園とは言え、六甲山中に広大な敷地を持ち、撮影をせず歩いても全部周るには半日かかります。今回は、朝一番から出かけましたが、ターゲットを絞ることにしました。最初の目的地は長谷池です。
長谷池に行く途中の紅葉は、7分ぐらいの感じでしょうか。楓も真っ赤なものに真緑のものが交じっています。
#03 七分
0811090021d60

長谷池に着くと、ありとあらゆる角度から写真を撮りました。100枚は超えていたと思います。
#04 橋
0811090062d60
橋の上に人が通らないタイミングがなかなか訪れませんでした。

#05 勢力争い
0811090051d60
紅葉と緑葉がまるで勢力を争っているように見えませんか?

#06 勢力争い ヒト編
0811090111d60
勢力争いと言えば、僕が池に着いた15分ほど後に、団体が来ました。撮影会のようなものがあったようで、カメラを持つ人が100人はいたと思います。
僕は、撮影をしない人の迷惑にならないような場所で撮ろうとしていたので、そんなことにはおかまいなしの人には場所争いで勝てません。天邪鬼の性格も顔をのぞかせ、皆が撮らない場所で撮りました。

#07 色とりどり
0811090072d60
池が全然映っていませんが、池端で撮ったものです。ここは池が画面に入らないからか空いていました。

#08 葉の落ちる瞬間?
0811090069d60
池と反対側で暗く、分かりにくいのですが、葉が落ちる瞬間を捉えました!…と言いたいところですが、こんな暗い場所で落ちる葉が静止するかのような速いシャッター速度で撮れるはずがありませんね。すみません。また騙すようなことをしてしまいました。これは蜘蛛の巣に引っかかった葉です。

#09 京風?
0811090096d60
池の反対側は日当たりが悪いためか、まだ緑の葉が大半でしたが、やや色づいた葉が交じる場所がありました。僕はこういう雰囲気が好きなんです。自分で勝手に京都の庭園風だと思っています。

#10 樹影
0811090078d60
たまたま場所が空いたので、池の方も撮ってみました。対岸の木が池に映るところを狙ったのですが、ほとんど映っていませんでした。でも、なぜか気に入っています。

#11 寄生?
0811090101d60
再び池の反対側。幹から紅葉が出ていました。これは珍し…くはないのですか? 誰も目を向けていませんでした。

#12 燃える後ろボケ
0811090119d60
やっぱり僕は紅葉と緑葉の共演が好みです。

#13 明るい後ろボケ
0811090125d60
この手の写真は、かなり上を向いて撮ることが多く、首が痛くなりました。

長谷池の次は、「シアトルの森」と「天津の森」を目指します。とんでもない名前に思えますが、神戸市と姉妹都市になっている都市の名を冠した森があり、その都市にちなんだ木が植えられているのです。

#14 何ていう花?
0811090157d60
シアトルの森の下で見つけた花です。初めて見るもので、図鑑を見てみると、ブラシノキに似ている気がするのですが、オーストラリア原産とあるので違うかな? シアトルはアメリカですもんね。

#15 北米風
0811090212d60
シアトルの森は他より紅葉が早く、もうかなり散っていました。この風景、北米の公園っぽくありませんか?

#16 アメリカサイズ
0811090221d60
シアトルの森の木は葉っぱが実に大きい。日本の楓の3倍はありそうです。

#17 日米共演
0811090205d60
シアトルの森の端には薄が群生しており、日米合作と言う感じ。

#18 落ち葉の絨毯
0811090234d60
キングサイズの葉が敷き詰められ、ふかふかのじゅうたんのようでした。誰も見ていなければ寝転がりたい気分。

#19 丘の上の家
0811090237d60
シアトルの森の向かいの丘に小さな家が。将来、こんな自然の中の家に住みたいなぁ。

#20 天津の森
0811090197d60
黄葉もいいもんですね。紅葉より明るい。

#21 紅葉と黄葉
0811090254d60
もう3時間以上経ち、帰ることに。出口へ向かう途中、紅と黄の両方が美しい場所がありました。

#22 四阿
0811090264d60
人工物はあまり好まないのですが、四阿(あずまや)なら許せるのはなぜでしょう。

#23 斜面
0811090297d60
斜面に落ち葉が。平面とは違ってなかなか面白く感じました。

#24 名手紫陽花
0811090288d60
紫陽花は神戸市の花なので、たくさんあるのですが、あじさいの茎が落ちる葉をナイスキャッチ。ファインプレー。思えば、今年写真に興味を持ち始めたのは、紫陽花が花開くちょっと前でした。

こうしてみると、真っ赤な葉の写真をあまりアップしていませんね。結構撮ったのですが。やはりひねくれているのかもしれません。


大きな地図で見る

次回は、播磨北西部の原不動滝と赤西渓谷です。そうめん「揖保の糸」で知られる揖保川の上流です。

#25 番外編1
家に帰る途中、すごい自動販売機を見つけました。
0811090358d6050
クリックして拡大しないと見えないと思いますが、値段が50円なのです。サンプルもよく見ると飲んだ後のものを再利用しているようです。スカイマークスタジアム(旧グリーンスタジアム神戸)のすぐ近くで見つけました。

#26 番外編2
0811090064lumix
今回は嫁さんと一緒に行ったのですが、嫁さんもカメラデビューを果たしました。別に写真に興味があるからではなく、僕が写真を撮ると暇だからという理由です。そらスンマヘンなぁ。
カメラは僕が前に使っていた Lumix DMC-FZ20です。 被写体は恥ずかしながら僕です。クリックして拡大すれば、見事に僕を前ボケにしていることが分かります。嫁さんいわく、「たまたま」らしいのですが…。

|

« 全国の皆さん、お待たせしました。正解の発表です。 | トップページ | 紅葉狩り2008 その弐 & 滝めぐり(5)~原不動滝 »

たび・さんぽ」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

奥方様のカメラテクニックに脱帽!見事な前ボケ、朝霧さんのポートレート?JRのCMに使えそうですね。

投稿: kiyomaro | 2008/11/16 21:45

TB有り難う御座います!
とても美しい写真なので、同じ場所でも
こんなに違う物なんだと、驚きと感動で
拝見させて頂きました!!
私は「行って来ました」な紹介程度の
記事しか書けませんが、いつかは圭太
さんの様な魅せる記事も書ける様になり
たいです!

投稿: RAG | 2008/11/16 21:55

shine kiyomaroさん
ありがとうございます。最後の嫁さんの写真で最も優れている点は、カメラでちょうど僕の顔が隠れているところです。
嫁さんに、ブログでお褒めのコメントを頂いた旨を伝えると、非常に喜んでいました。僕が前ボケになったのは絶対偶然に違いないのですが、「狙い通りやんか」と言って譲りません。

shine RAGさん
こちらこそコメントありがとうございます。
僕は、RAGさんの記事を見て、真似したいなぁと思いました。それは、構図がすばらしい点です。しかもコンデジで!脱帽です。
僕は買いたての一眼レフが嬉しくてどこへでも持ち運んでいますが、いいのを撮らないとカメラに笑われそうです。

投稿: 圭太 | 2008/11/16 23:48

見事な紅葉ですね。
どの写真も綺麗なのですが特に…
#04のボケと紅葉のシャープな対比が素晴らしいです。
#18のアングルも大胆でかなり好きです。
上から撮るよりも落ち葉のフカフカ感が出てますよ!

景勝地でのカメラマン…
場所取りのマナーが酷い人多いですよね。
この間も、日曜にごった返す展望台の最前列で数人のアマチュアカメラマンが三脚と機材で長い間占領してました。
構図の中に観光客が入ると大きく舌打ちしたりして…
自分も気をつけたいと思います。

投稿: 日光岩魚 | 2008/11/17 00:09

こんばんは。
僕のブログにコメント頂きありがとうございます。
実は、僕も圭太さんのブログを昨日初めて見させてもらってたんです。
『原不動滝』で検索したら、ここに到着しましたhappy01
僕も次の休みに行く予定です。

また遊び来ますので、今後もよろしくお願いしますね。

投稿: ジョニ | 2008/11/17 00:23

圭太さん おはようございますsun

どれも綺麗に撮れていますね
どれか一つを選ぶのは難しいですが・・・やっぱり、最後のイケメンの写真が第1位かな?(笑)

一枚目のモミジの写真、バックがいい感じの色合いを出してて素敵ですね
真っ青な空もいいけれど、ちょっと渋い感じのこんな色合いが好きだなぁ~
#03 七分、#07 色とりどりなど、紅や黄やみどりや橙色、いろんな色が混ざり合ってるのも綺麗ですね
#08 葉の落ちる瞬間?は、言われなければわからなかったです すごい!って思いましたよ
私も、一度挑戦してみたいなと思っています
葉の落ちる瞬間を捉えるの・・・(でも、くもの巣はいいアイディアですね 笑)

素敵な写真の数々、ありがとうございますhappy01

投稿: vanilla | 2008/11/17 09:25

shine 日光岩魚さん
ありがとうございます。#18はほとんど寝そべるようにして撮りました。僕もかなり気に入っているんです。
東京へ行くと思うのは、マナーの良さです。大阪はひどいです。電車が来るまでは一応列を作って待ちますが、到着すると祭りのようになります。道路では二重駐車をしばしば見かけます。神戸は大阪よりはちょっとマシだとは思いますが、…。関東のマナーは真似なければいけないと思っています。

shine ジョニさん
> 実は、僕も圭太さんのブログを昨日初めて見させて
> もらってたんです。
> 『原不動滝』で検索したら、ここに到着しました
えっ、それは偶然が重なりました。そんなことがあるんですね。
僕は小学校から一貫して絵がだめで、ハナからあきらめてしまっているところがあるんですが、ジョニさんのブログにおじゃましてコロー展の記事を読み、絵で構図を考えておられるというのを読み、僕も真似しなければ、と思っています。
こちらこそ、これからよろしくお願いします。

shine vanillaさん
いつもありがとうございます。実は今日、温泉で有名な有馬に行って来たのですが、かなり葉が落ちる場面に出くわしました。でも惨敗。構図を気にすれば葉を逃すし、葉を捉えたと思えば、バックがぐちゃぐちゃか、ピントが合っていないしで。
有馬は神戸では紅葉の名所となっているので、日曜の六甲以上の人手でした。ただ、今日は平日ということもあり、お年寄りが多く、みないいカメラを持っていました。長く続けられる魅力と奥深さが写真にはあるのでしょうね。

投稿: 圭太 | 2008/11/17 18:22

紅葉前線(?)到来!という感じで見事に色づいてますね。
どの写真も見ているだけで冬の冷えた空気が伝わってくるようです。鹿児島では紅葉の見ごろはまだ暫く先で、12月初旬あたりなのだとか。ワタシも早く#4のような真っ赤な紅葉を目にしたいと思っています。

投稿: F54 | 2008/11/17 22:59

shine F54さん
神戸でも2週間前は全然だったのですが、先週から急に色づいてきました。もう嬉々としてうろうろしています。天気のいい日は出勤前に近所の公園にまで出向く始末です。この時期には、「やっぱり桜より紅葉やな」と思います。春には変わる意見ですが。

投稿: 圭太 | 2008/11/17 23:35

圭太さん おはようございます♪

有馬温泉、まだ一回も行ったことがないのですよ
で、どんなところか、もうそろそろ圭太さんの日記がアップされているかな?と覗きにきましたhappy02

お年寄りはほんといいカメラ持ってらっしゃる方が多いですね
先日植物園に行ったのですが、やはり団体で撮影会をされてみえましたが、みなさん高そうなカメラ、レンズでした・・・

投稿: vanilla | 2008/11/18 10:15

shine vanillaさん
うっ、プレッシャーが。実は有馬の前に行った滝もまだアップしていないんですよね。で、で、できるだけ、が、頑張ってみます。

投稿: 圭太 | 2008/11/19 08:04

奥様がヒマだからですって。わかるなあ。私もスケッチ、もっとゆっくりしたいのに相棒が写真で、速や過ぎる。いつも、もめています。秋、今一番美しく自然は精一杯お化粧ですね。昨日、私も宝が池公園と岩倉へ行ってきました。そっりゃあ・・・美しかったです。

投稿: 山口ももり | 2008/11/19 09:06

shine 山口ももりさん
歴史好きで特に幕末の好きな僕には、岩倉は岩倉具視の活躍のおかげで生臭いイメージがあるのですが、考えてみれば岩倉村は具視が謹慎していた場所ですから静かな落ち着いた雰囲気なのでしょうね。
大学時代、叡電に乗ればすぐに行けるこの地に、遂に一度も行かなかったのが悔やまれます。もう記事はアップされましたか?今からちょっとうかがいます。

投稿: 圭太 | 2008/11/20 09:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/43134744

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉狩り2008 その壱:

« 全国の皆さん、お待たせしました。正解の発表です。 | トップページ | 紅葉狩り2008 その弐 & 滝めぐり(5)~原不動滝 »