« 達成 | トップページ | 滝めぐり(4)~黒滝 »

2008/11/06

ぎりぎりの秋桜、競艶

今年はコスモスを3回も見に行きました。それを全然アップしていなかったので、今日慌ててしておきます。

あぶないところでした。明日だったら、もう季節外れ。コスモスの話はギリギリ今日までがセーフです。11月6日は「秋桜おさめ」と言って、古来、この日に残っている秋桜を切り取る習慣が日本の…、どこかに…、あると思います、きっと。

#1 昼下がりの陽を浴びて(コスモスの丘)
081020140d60

歌の力ってすごいですね。さだまさし の せい おかげで、「秋桜」を何と読むか聞くと、たいていの人は「コスモス」と読みますもんね。10代、20代はどうか分かりませんが。

もちろん、「あきざくら」です。よく歌詞で 「宇宙」 で 「そら」 と読んだりする、あれと同じですね。

ただ、さだまさしは、鋭い。和名が好きな僕にも、「あきざくら」 という響きより 「こすもす」  の方がこの可憐な花にピッタリに思え、字面は、「コスモス」 より 「秋桜」 の方がしっとりとした落ち着きを感じさせますから。曲の方も素晴らしいし、脱帽。

ともかく、今年は、神戸総合運動公園の「コスモスの丘」と、小野市の「ひまわりの丘」でコスモスを見てきました。両方紹介します。皆さんは、どちらが好きでしょうか。

#2 薄い赤縁(コスモスの丘)
081020024d60
神戸のコスモスの丘は、本数が少ないのですが、種類は結構あります。僕のお気に入りは、この赤い縁取りのある種です。

#3 黄・白い内環(コスモスの丘)
081020030d60
あいにく、曇り空だったので、落ち着いた色が出そうな所を選んでみました。他にも理由があるのですが、長くなるので記事の最後に附記として書きます。

#4 白・合弁(コスモスの丘)
081020044d60
白いのもあるんですね。去年も見たはずですが、初めて見た気がします。写真を撮っていなかった頃の僕は本当に、いい加減なモノの見方をしていたようです。

#5 定番(コスモスの丘)
081020047d60
でも、やっぱり、こういう色がコスモスの代表ですね。さだまさし が、薄紅 と表現したこの色はやはり日本人の好みに合っているのでしょうね。

#6 濃い赤縁(コスモスの丘)
081020058d60
途中、ちょっとだけ陽が差しました。蜜蜂君もご機嫌。

#7 白・離弁(コスモスの丘)
081020078d60
白には、さっきのと違い花びらが離れているのもありました。こちらの方が可憐な印象。

#8 薄紅・桜似(コスモスの丘)
081020081d60
これは、色は定番ですが、花びらが桜に似ています。もしかして、形もこっちの方が定番ですか?

#9 裏側も薄紅(コスモスの丘)
081020093d60
裏側も撮ってあげないと、萼(がく) がすねるといけないので。

#10 青空を背景に(コスモスの丘)
081020095d60
一瞬だけ、きれいな青空になりました。

#11 前ボケ・後ボケ(コスモスの丘)
081020127d60
最近、ボケの練習をしています。漫才ではなく、写真の「ボケ味」で、わざとぼかせることです。
これは、欲張って、前も後ろも両方入れてみました。前ボケの方が難しいんです。言い訳ではなく、厳然たる事実です…たぶん。

#12 濃紅(小野ひまわりの丘)
081027005d60
以下は小野のひまわりの丘です。本数はこちらの方が圧倒的に多い。30倍か40倍くらい。ただ、品種が少ないのが残念。

#13 雫(小野ひまわりの丘)
081027020d60
わざと、同系色のボケを入れて、雫を目立たせようとしたのですが、…。大きくして見るとちょっとマシに見えるんですよ。これは言い訳ではなく、厳然たる事…これ、さっきも使いましたね。(写真は全てクリックすると拡大されます)

#14 自転車(小野ひまわりの丘)
081027006d60
お花畑の間を気持ちよさそうに走る少女…だったら、もうちょっとズームアップして撮るのですが。 でも、このご婦人、本当に心地よさそうに走っておられました。

#15 問題(小野ひまわりの丘)
081027034d60
右側にボケているのは何でしょう? ボケが中途半端で問題になりませんね。

#16 答(小野ひまわりの丘)
081027032d60
10月下旬でも咲くのですね。

#17 一面のコスモス(小野ひまわりの丘)
081027051d60with
忘れていました。今回の目標は広々と花畑が広がる雰囲気を伝えられる一枚。ついつい、ボケを出すため望遠で撮ってしまうのです。

#17 広々(小野ひまわりの丘)
081027057d60
めったに使わない広角レンズです。主題がはっきりせず難しいんです。

#18 陽が差して(小野ひまわりの丘)
081027076d60
さっきの#17を撮った後、撮影を一旦終えたのですが、車に戻るなり陽が差してきたので、あわてて畑に戻って撮りました。やっぱり、写真は太陽の賜物です。

#19 帰り道で(小野ひまわりの丘 近く)
081027086d60
ひまわりの丘を出てすぐに、まだ稲刈りをしていない田を見つけました。今年、滝やなんかで稲の美しく稔る田を取り損ねていた僕は、そばのコンビニに車を停め(ちゃんと買い物はしましたよ。おにぎり1個)、いそいそと撮りました。好きなんです田園風景。

長い長い附記)
今年、3回もコスモスを見に出かけたのには訳があります。

僕たち夫妻は、子供が中学生になって、あまり付いてきてくれなくなった頃から、2人でちょこちょこ出かけるようになりました。

スカイマークスタジアム(旧 神戸グリーンスタジアム)がある神戸総合運動公園内に「コスモスの丘」があり、春の菜の花と秋のコスモスは、夫妻の定番となりつつありました。

今年は、写真を始めたからか、9月に入ると、神戸はまだ真夏日が続いていたのに、秋を感じたくて、すぐにコスモスの丘のホームページを確認しました。「9月中旬~10月下旬」が見ごろとあります。で、9/22に出かけました。

結果は、…。ひどい状態でした。まだ3分咲き程度の上、かなりの数が倒れてしまっており、去年までの美しい印象がかき消されるほど。とても写真をアップする気になれません。

あきらめきれず、また、一眼レフを買ったこともあり、10/20に再チャレンジ。今回もダメでした。その時のコスモスの丘をご覧になった方なら、この記事の #1~#11 の写真をほめてくださると思います。本当にひどい状態で、そこかしこが、というより、ほとんどが ↓ のような状態でした(思いっきり小さくしてありますので、興味がある方はクリックして拡大してください)。
081020020d60
管理する人が変わったのか、荒れ放題。広角レンズによって一面のコスモスを写したかった僕は落胆。仕方なく、ましなものを探して望遠で切り取ったのが上の #1~#11 の写真だったのです。

でも、広角による一面のコスモスの図柄への思い断ちがたく、10/27にはちょっと遠いのですが、小野市の「ひまわりの丘」に出かけたのです。500万本と数は文句ないのですが、数段に分かれた田に植えられており、場所は、なだらかな傾斜に切れ目なく植わっているコスモスの丘には負けています。(コスモスの丘は13万本だそうです)

ただ、手入れは完全にひまわりの丘の勝ち。去年までなら、違った結果でしたが。神戸市民としては、小野市に負けてちょっと悔しい気がします。

因みに、ひまわりの丘の敷地内にあるレストランは「そろばん亭」です。小野市は、そろばんの産地として有名なんです。下の地図、右下の青い目印がコスモスの丘、左上がひまわりの丘です。「+」ボタンで拡大すると、「そろばん亭」も出てきます。ストリートビューでも見られますが、何の感動も保証するものではありません。


大きな地図で見る

|

« 達成 | トップページ | 滝めぐり(4)~黒滝 »

たび・さんぽ」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

どれも上手く撮れてますね~
コスモスは風が大敵ですからね~

投稿: もうぞう | 2008/11/06 20:05

圭太さん こんばんは~^^

>11月6日は「秋桜おさめ」と言って
あは!もう少しでひっかかるとこでしたよ!!(大笑)

>「あきざくら」 という響きより 「こすもす」 の方がこの可憐な花にピッタリに思え、字面は、「コスモス」 より 「秋桜」 の方がしっとりとした落ち着きを感じさせますから。
うんうん。私も全く同じ意見です(びっくり^^)

びっくりしたのは、圭太さんの写真の綺麗なのにびっくりです
みんな素敵に撮れていますね

秋桜の名前までは調べなかったのですか?
ちなみに、花びらに濃いピンクの縁取りがされているのは「あかつき」という品種だそうですよ
私はピンクの秋桜が一番好きです
新しい品種の、変わった花にも魅かれますが、やっぱり昔から馴染んでる秋桜がいいなhappy01

向日葵、まだ咲いていましたか・・・私も10月のはじめに向日葵と秋桜のコラボを撮りましたよ 夏と秋の共演^^

秋桜には青空はもちろん似合いますが、バックがピンクというの、いいですね~可愛い感じです(私好み)

素敵な写真いっぱい見せていただいて、ありがと~
秋の真っ只中の雰囲気たっぷりと味合わせていただきました ペコリ

投稿: vanilla | 2008/11/06 21:42

とても素晴らしい写真ですね。
やっぱりセンスが大切なんだなと思いました(^^;
今年はゆっくりと秋桜を見に行く機会がなかったので、
写真で晩秋の空気を堪能させてもらいました。

投稿: F54 | 2008/11/06 22:52

どれも素晴らしい写りです!
特に1枚目はピントが花芯から花びらまで
ビシッと決まっていて見事です。
だいぶ絞り込んでるのかな?露出の設定が絶妙です。
レンズは標準ズーム?だとしたら凄い解像度ですね。
まるでマクロレンズで撮ったみたいに精緻な描写でお見事です。
うーん、自分も花の接写してみたくなりました。

広角は遠くの景色を撮ると確かに主題がボヤケるかもですね。
遠近感が強く出るので、画面の一部に近くのモノを入れながら
遠くの景色を捉えるとメリハリが付いてきますよ。

やはり#5の花の色が一番好きです。
確かに日本人好みの色かもですね。

投稿: 日光岩魚 | 2008/11/06 23:52

秋桜おさめっていう日があるなんて知りませんでした。粋なもんですね。コスモスって描けない花です。ひとつひとつは繊細で華麗。でも、大きく山を覆おう程になると圧倒的な強さを見せます。桜もそう。描きにくい。ナアンテやっぱり自然には、到底かないっこありません。

投稿: 山口ももり | 2008/11/07 07:40

shine もうぞうさん
そうなんですよね。本当にあっちへゆらゆら、こっちへゆらゆら。なかなか思う場所にとどまってくれません。

shine vanillaさん
写真を始めた頃は、花を撮っては名前を調べていたのですが、野草はともかく、園芸品種となると、亜種がいっぱいあって、僕の拙い観察では区別がつかなくて、ちょっと最近はサボっています。まぁ、ちょっとずつ覚えていきます。「あかつき」は覚えました。ありがとうございます。和名っていいですね。

shine F54さん
ありがとうございます。ひょっとして、薩摩は暖かいので、コスモスはこれからということはないですか?

shine 日光岩魚さん
ありがとうございます。#1は、200mm(35mm換算300mm)で、1/200秒、f6.3、ISO100です。今、EXIFを確認しました。全然おぼえていませんでした。(言い訳)前のカメラでは液晶画面で撮っていたので、まだファインダーに慣れておらず、意識が全然いきわたらないのです。ピントが合わない写真も山ほどあります。
広角の使い方のアドバイスありがとうございます。遠くまで写そう写そうとしていたので、近くのモノを入れるなんて、僕にとっては正に発想の大転換です。

shine 山口ももりさん
すみません。「秋桜おさめ」は僕の創作です。あまりに季節を逸してしまい、照れ隠しのつもりだったんです。本当に申し訳ありません。
もうしません、と言いたいのですが、性格上、つい、こういういたずらをちょくちょくしてしまいますので、取り扱いには十分ご注意下さい。
紅葉のスケッチを堪能致しましたので、コスモスや桜が描けないっていう言葉は意外でした。僕はまだ表現するより、記録しているレベルなので、そこまで自然と対峙していません。でも、将来、そう言っている自分を想像すると、ちょっとワクワクします。「これは、ちょっと絵にならんなぁ」なんて。…でも、似合わないでしょうね。

投稿: 圭太 | 2008/11/07 09:41

>広角レンズによって一面のコスモスを写したかった僕は落胆。仕方なく、ましなものを探して望遠で切り取ったのが上の #1~#11 の写真だったのです。
広角レンズは私にはまだ未知のレンズです
とても興味はあるのですが・・・
小野ひまわりの丘のコスモス畑、綺麗に撮れていますね
苦労されて撮られたのですね

私もいつか広角レンズに挑戦したいですhappy01

投稿: vanilla | 2008/11/09 00:19

shine vanillaさん
僕も広角レンズは「持っているだけ」という感じです。
実は、今日、紅葉を撮りに行き、ちょっとだけ広角を使ったので、またアップします。300枚以上撮ったので、いつになるか分かりませんが。

投稿: 圭太 | 2008/11/09 18:28

そうでしたか・・・文学的な良い響き。秋桜おさめって・・・

投稿: 山口ももり | 2008/11/10 08:32

shine 山口ももりさん
こうなれば、毎年11月初旬の「秋桜おさめ」を恒例にしましょう。
ちなみに、今日兵庫県の中部に行ってきたのですが、中国山地の端だけあって神戸より寒く、まだコスモスが満開のところがありました。

投稿: 圭太 | 2008/11/10 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/43027042

この記事へのトラックバック一覧です: ぎりぎりの秋桜、競艶:

« 達成 | トップページ | 滝めぐり(4)~黒滝 »