« 紅葉狩り2008 その参 | トップページ | Happy Birthday to Me! »

2008/11/28

成長

他人の子は成長が早いなんて言うけれど、自分の子も、あぁそこまでになったか と成長を感じる時がある。

下の子供とは、よくアメフトの試合を一緒にビデオで見るので話をするけれど、上の子供とはほとんど話をしない。

上の子は保育所の頃、たぶん3歳から一緒に風呂に入るのを嫌がるようになった。娘というのはそんなものかと思っていたけれど、先輩で娘さんが中学生のうちは一緒に入浴していたという人がいる。どっちが極端なんだろう?

娘が所属する美術部の顧問の先生が、大きな賞をとったという記事が地元紙に載り、父がわざわざ切り抜きを持ってきた。(我が家は全国紙だから。ちなみに、僕も嫁さんも実家は歩いて5分以内)

仕事から帰って娘にその記事を読んだか尋ねると、ちょっと顔を曇らせて

「賞をとったからすごいっていうのは、ちょっと…」

などとのたまう。

「世間はそうやで。ゲージュツなんて主観なんやから、世間が口をそろえてすごいって言うのは、受賞した時か、売れた時や」

と、まぁ、そんな感じで答えたのだけれど、成長してるんやなぁ、心の中では思っていた。

思い返せば、自分も中学ぐらいから権威に対して反発を感じるようになった。場合によっては異常なほど。中2、中3ぐらいがピークやったかな。
偉そうな教師がスポーツ大会にしゃしゃり出てきたのを幸いとラリアート(プロレスの技)をかませて倒したことがあるし、警官を見るたびにメンチを切っていた(睨みつけること)もあった(たびたび補導されていたので)。英検を受けたり資格をとったりする行為を、そんなもんで自分を飾るのはしょうもないことやと蔑んでいた時期も。そうそう、ジャイアンツが嫌いなのも、同根かもしれない。

僕にはあまり心の中を見せない娘の本音がちらっと垣間見えた気がして、少しうれしく、少し頼もしく感じました。

付記)
下の子供は、幼くて頼りなげに映るのだけれど、注意深く発言を聞くと、以前なら「え、そうなん?」と言っていたであろう場面で、「あぁ、そうやんなぁ」と偉そうな答え方をするようになった。彼は彼なりに経験を積んでいるのかもしれない。

|

« 紅葉狩り2008 その参 | トップページ | Happy Birthday to Me! »

圭太と愉快な仲間たち」カテゴリの記事

コメント

ふむふむ・・・娘さんと息子さんなんですね。私は3人のドラ・・・もうちょっと、優しく育てられたのに・・・と、思います。息子達はどうも、女性を恐れているみたい・・・育て方が悪かったからモテなかったのかしら・・・「一人ぼっちのクリスマスツリー♪♪」の歌を聞くたびに、モテない息子の事を切なく思いだしていました。又、クリスマス。お嫁さんがいてくれるから、その心配は、今はもう無いみたいです。

投稿: 山口ももり | 2008/11/29 10:04

shine 山口ももりさん
僕ももてませんでしたが、息子はそれ以上にもてないようです。今までに付き合ったことはおろか、バレンタインで義理以外のチョコをもらったことさえありません。我が家の血は淘汰される危機に陥っており、近々、絶滅危惧種に認定され…るかもしれません。

投稿: 圭太 | 2008/11/30 08:35

圭太さんとこは、一姫二太郎ですか
いいですね!
女の子がいるのは・・・我が家は息子二人です
子供って大きくなるとなったで楽しいものですよね
いっぱしの口をきくようになってきますものね
だから、話してるとすごく楽しいです
時々子供に怒られますが・・・(涙

圭太さんが、たびたび補導されてたなんて!happy01

投稿: vanilla | 2008/11/30 17:55

shine vanillaさん
男の子二人だったら、小さい頃は大変だったでしょうね。我が家は息子も根性なしだったので、おとなしいもんでした。口は元気でうるさいけど。
中学の時は、バイクに乗ったり(僕はよう運転せぇへんかったから後部座席)、夜うろついたりしていたし、しかも見るからに怪しげな格好をしていたので、しょっちゅう補導されていました。だから、今の若者の悪いヤツらの気持ちも分か…ってもいいのだろうけど、全然分かりません。

投稿: 圭太 | 2008/11/30 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/43251892

この記事へのトラックバック一覧です: 成長:

« 紅葉狩り2008 その参 | トップページ | Happy Birthday to Me! »