« Happy Birthday to Me! | トップページ | 張り詰めた空気の中、明石公園へ »

2008/12/03

ダルマを逃すも、笑顔を獲得!

一昨日(12/1)、夕焼を撮りに明石海峡大橋の近く、大蔵海岸へ。いつもとは違う風景に出会えました。

#1 最初は、いつもの大蔵海岸
081201_0004d60
(本ブログの写真は、いずれも、クリックすれば拡大されます)

いつもとは違う風景の一つ目は、だるま夕陽。

だるま夕陽ってご存知ですか。僕は今年になって初めて知りました。奇跡のような自然の一瞬を数々捉えておられる写真家 yama さんのブログ『海と写真とウェブログと』です。
だるま夕陽をご存じない方や、まだご覧になったことがない方はぜひ、そのブログ内の記事だるま夕日の瞬間 をお訪ね下さい。

話は戻り、12/1の夕方、大蔵海岸。#1の写真のように日没15分前は快晴。だるま夕日への期待が高まります。ところが、赤く染まる明石海峡大橋などを撮っている間に(夕日は西、橋は東)、いつの間にか雲がかかっているではありませんかっ!

#2 あと一歩でだるまを逃す
081201_0022d60
目隠しだるま、ってところでしょうかね。

落胆しきっていたため、いつもなら日没後も1時間ぐらい撮るのですが、この日はトボトボと帰途につきました。未練がましく振り返ると、

#3 松並木の上に
081201_0057d60
分かるでしょうか?次は上空だけ切り取ったものを。

#4 Smile
081201_0067d60
笑顔に見えませんか(クリックして拡大すればはっきりします)。 この素敵な表情に出会えたため、また元の場所に戻ってひとしきり撮影をしました。

今日(12/3)、朝日新聞の神戸欄に出ていた記事によると、右上が木星、左が金星だそうです。約3年に1度しか見られない光景だとか。恒星と違い、惑星は複雑な動きをしますからね。しかも地球より内側の軌道を公転する金星と、外側の木星の組み合わせだからなおさら。ちなみに翌日(12/2)は、木星と金星が月の下側にありました。つまり、うってかわって困った表情になっていたのです。

図鑑で調べると、金星は太陽・月を除けば最も明るい星で、その次が木星だとのこと。神戸ではそう感じませんが、空気のきれいな所からなら、もっとにっこり笑顔が見られたかもしれません。

|

« Happy Birthday to Me! | トップページ | 張り詰めた空気の中、明石公園へ »

自然」カテゴリの記事

コメント

トラバ・・・ありがとうございました!

そうそう、私が見たのもちょうどこんな感じでした・・・。

YahooJAPANの写真より圭太さんの写真の方がより近いです☆

取り急ぎお礼まで・・・

投稿: Rika | 2008/12/03 11:33

大蔵海岸の写真、めっちゃ綺麗ですね!
私もこんな写真を撮ってみたいです
こんな綺麗な色の夕焼け、もうずっと見ていません・・・
>#2 あと一歩でだるまを逃す
あ~あ・・・!ほんと残念でしたね・・・雲がなければほんとにだるま夕日でしたね

私も見たんですよ!
綺麗な三日月の上の二つの星
私が見た時は、もっと下にありました
私も写真に撮りたかったのですが、上手く撮れそうになかったのであきらめました
でも、圭太さんのところで拝見できてよかった!happy01

投稿: vanilla | 2008/12/03 14:49

こんばんは。
あ~羨ましいなぁ。笑顔の写真めっちゃいいですねぇ。
僕も昨日の神戸新聞をみて写真を撮りに行きましたが、
僕の撮った写真は泣いてました…
しかし綺麗な写真ですね。目の保養になりました。

投稿: ジョニ | 2008/12/03 23:15

12/1は、こんなに晴れていたんですね。
私は、11/30に明石海峡大橋と三日月を撮りに行ったのですが、厚い雲がありました。
なんとか写真は撮れましたが・・・。

水平線に沈む太陽は、瀬戸内では、なかなか見れないんじゃないでしょうか?
どうしても最後は、雲の中に隠れてしまう。
瀬戸内で、だるま太陽はムチャクチャ難しいと思いますよ~。

ところで、「ニッコリの三日月」、いい写真ですね~。
私も撮りたかったです。
でも、とりあえず、ココで見れて良かったです。

投稿: | 2008/12/03 23:31

すみません。名前を書くのを忘れてました。
さっきの書込みは私です。

投稿: なかむら | 2008/12/03 23:33

会社で見たYahoo!ニュースに
同じ笑顔が載ってました~^^
ときどき、夜空を見上げるのも
いいものですね。
大阪市内ではあまり星が見えないのが
残念なのですが・・・

投稿: たま | 2008/12/03 23:55

わぁ、ダルマ夕日惜しい~~~。
「おめでとうございます。」は次回のためにとっておきます。(笑)
でも、タイトルが素晴らしいですね。(^○^)
記事紹介&TBありがとうございます。m(__)m

投稿: yama | 2008/12/04 07:24

あはは・・・ついつい夢中になって一杯他のものも撮りまくってたらですって???ヨックわかるような気がします。でも、時に思うのですけど、例えばマラソンとか撮っている時、選手がカメラの前を通る間はカメラのファインダーばっかり見ていたっていう事はありませんか???あっという間の、一瞬の間に通り過ぎた選手の顔を実はこの目では見損なったとか????

投稿: 山口ももり | 2008/12/04 15:40

明石海峡で“だるま夕日”とは凄いですね、小生も何度かチャレンジしていますが、やはり雲に邪魔されます。

投稿: kiyomaro | 2008/12/04 23:50

shine Rikaさん
僕ももうちょっと暗くなってから撮ったのですが、それは Yahoo JAPAN の写真のように月の欠けている部分まで写ってしまい、おちょぼぐちのオカマさんの微笑みのようでした。

shine vanillaさん
ホンッとに幸運。月曜が休みで良かった。子供が幼い頃は、日曜や祝日の出勤は残念だったのに、子供から愛想を尽かされた今は、休日に出勤して平日に休むのが快感に。たまに日曜が休みで出かけると、人が多くて、秘境から初めて東京に出てきた人の気分。
大蔵海岸は何度も通っているけれど、こんなにきれいな夕焼が僕の休日と重なるのはこれでまだ2回目です。早起きして何度かチャレンジした朝焼けの方は未だ全敗状態。でも、こんなにいいのが撮れたら、また何度も通うことになりそうです。

shine ジョニさん
僕もこの手のものは他の方の写真を見て羨ましがるだけでしたが、今回は本当に幸運でした。何しろ、全然知らずにいて、しかも帰り際に振り返ることがなければ撮れなかったのですから。こんなにツイていたら後が怖い…。

shine なかむらさん
そうなんですよね。西の空が赤く染まる頃には快晴に思える日でも、沈む時にはどういう訳か雲がかかっているんですよね。でも僕は自転車で大蔵海岸まで5分というところですから、何度もチャレンジするつもりです。

shine たまちゃん
そうか、神戸以上に大阪は星が見えないよな。でも「陸」創作者は、毎日たまちゃんの笑顔が見られて羨ましい。

shine yamaさん
こちらこそトラックバック返していただいてありがとうございます。こちらの意にそわない人間は憎らしいのに、自然はさらに愛着が増しますね。不思議なもんです。
ぜひ、yamaさんからお祝いの言葉を頂けるよう、せっせと足を運びます。

shine 山口ももりさん
あります、あります。この前の日曜日もそうでした。関学と立命のフットボールを見に行ったんです。アメフトは大好きで以前ならプレーをしっかり見たのですが、今回は撮影に夢中になり、途中、試合経過が分からなくなりました。途中試合が緊迫してきた時には、撮影をやめろ!と自分に言い聞かせる必要があったほどです。無料の試合なら撮影に専念したと思いますが、1000円払っていたので…。

shine kiyomaroさん
やっぱり難しいんですか。僕はまだだるま夕日の存在を知って日が浅いので、場数が足りないだけかと思っていましたが、大ベテランのkiyomaroさんにそうおっしゃられると、腰がひけそう…ですが、まだまだ挑戦してみます。
末筆ですが、奥須磨公園への行き方後教示ありがとうございます。多井畑厄神はここ数年、初詣に行っているのですが、元日の0時頃に行くためあんなに大きな公園がすぐにあるとは気付きませんでした。

投稿: 圭太 | 2008/12/05 11:08

ダルマ夕日と言うのですか?
初めて知りました。
望遠レンズが必要ですね。

投稿: もうぞう | 2008/12/05 20:55

shine もうぞうさん
だるま夕日という呼び方及び現象は、僕も記事本文で紹介したyamaさんのブログで知りました。他にも、環天頂アーク、タンジェントアーク、外接ハロといった現象の名前や、カモメとウミネコの違いなど、自然に関する勉強をさせてもらっています。もうぞうさんも、ぜひのぞいてみてください。

投稿: 圭太 | 2008/12/07 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/43305802

この記事へのトラックバック一覧です: ダルマを逃すも、笑顔を獲得!:

» だるま夕日の瞬間 [海と写真とウェブログと]
「だるま夕日へと・・・」 2008.11.12 香川県与島にて 快晴、夕凪の瀬戸内海。 海上の蜃気楼が夕日を迎え入れる瞬間(とき)・・・ [続きを読む]

受信: 2008/12/04 07:26

« Happy Birthday to Me! | トップページ | 張り詰めた空気の中、明石公園へ »