« カズは口ほどに物をいい | トップページ | 季節の移り変わりを駆け足で(2) »

2009/04/21

季節の移り変わりを駆け足で(1)

#1) 春爛漫
090420d90_0095_lv
4/20 近所(神戸市垂水区)
写真はいずれもクリック→拡大

いやぁ春爛漫、というより、もはや初夏が訪れたような陽気ですね。

去年、紅葉が終わってから、春の訪れを心待ちにしていました。イメージとしては、

寒い中に福寿草を見つけるとか、早咲きの梅が咲き始めるとか、そういうのを楽しみながら、一歩ずつではあるけれども、確実に近づいてくる春を感じ味わう……

というところだったのですが、仕事がバタバタしていたこともあるし、そもそも自分がそんな風流人でないことを忘れていました。

繁忙期と言っても、月に何日かは休みが取れたので、撮影にはせっせと通っていました。ただ、撮りっぱなしで整理が全く出来なかったので、このブログの更新も滞ってしまっていました。

少し整理がついたので、駆け足で、冬から春を振り返ります。

#2) 城跡で咲き始めた梅
090126__0076_
1/26 龍野城跡(たつの市)

#3) 陽光を浴びる三分咲の梅
090209__0056_
2/9 綱敷天満宮(須磨の天神さん・神戸市須磨区)

#4) 寒の戻りで冬のような空の日の夕焼け
0903150005_
3/15 舞子公園(神戸市垂水区)

まずまずの夕日でしたが、寒くて真冬並でした。

#5) 満開の菜の花と梅
0903160111_
3/16 見土呂(みとろ・加古川市)

#6) 緋寒桜をつつくヒヨドリ
0903160092
3/16 日岡山公園(加古川市)

#7) 黄と白の水仙
0903160251
3/16 日岡山公園(加古川市)

#8) 梅に目白
0903160312
3/16 日岡山公園(加古川市)

「梅に鶯」と言いますが、ウグイスは藪の中にいてほとんど目に触れないし、見えたとしても地味な褐色なので、あの言葉は梅を見ながらウグイスの声を楽しむことだと思います。

目で見てきれいなのは、「梅に目白」かと。

#9) 語らい
0903200160_
3/20 コスモスの丘(神戸市須磨区)

一面のコスモスに囲まれて若い恋人が。

#10) D90購入!
090322_0029_d90

まだ、デジタル一眼レフを初めて買ってから半年弱なのに、どうしても欲しくなって2台目を購入しました。僕がこんなに物欲を出したのは、15年ぶりぐらいです。

もちろん、1台目と同様に(詳しくは→I'm a tough negotiator. (駆け引きならちょっとしたもんだぜ)粘り強く値切りました。広告の値段の3分の2まではいきませんが、まぁ、それに近い金額まで。途中、ネットで7つか8つの店を調べ、実際に交渉に訪れた店は4つ。忙しくても、好きなことにはいくらでも時間が使えてしまうから不思議です。

あ、もう一つもちろん。不況の折柄、僕にしては珍しく分割払いです。どう考えても、減ってしまった小遣いから返済の金を出すのは無理なので、タバコを一日一箱から四日で一箱にして何とか捻出しています。

もうこれ以上は鼻血も出ません。でも、新しく買ったD90はとても気に入っているので、これから長い間、相棒となってくれそうです。

#11) 大島桜とシャボン玉
090323d90_0077_
3/23 マリンピア神戸(神戸市垂水区)

新聞で大島桜が早くも満開との記事を読み、早速出かけました。 一本だけではありましたが、桜の季節の到来で気持ちが高ぶりました。

#12) 季節のうつろい
090323d90_0104_
3/23 マリンピア神戸(神戸市垂水区)

まだまだ周りは冬の景色も残っています。

長くなってきたので今回はこの辺で。続きは第二弾でお伝えします。4/23にアップする予定です。

|

« カズは口ほどに物をいい | トップページ | 季節の移り変わりを駆け足で(2) »

自然」カテゴリの記事

コメント

は・は・は・・・カメラも凝りだすとお高くつくようですね。下取りなんかもバカみたいに安いらしい。ついつい欲しくなる部品。そして重くなる器材・・相棒も同じ事言っています。写真でしか切り取れない世界ってありますよねえ。絵下はムリ

投稿: 山口ももり | 2009/04/22 08:38

shine 山口ももりさん
おはようございます。
本、酒、煙草さえあれば後は何もいらないという時期が15年ほど続いたのですが、今はもう機材熱沸騰中です。さすがにカメラ本体はしばらくいいですが、レンズが欲しくてたまらなくなっています。絵で言えば、カメラ本体は筆、レンズは絵の具に相当するでしょうか。

投稿: 圭太 | 2009/04/22 09:50

なんとD-90を・・・
私いまだ、ペンタK20Dを買えず・・・

投稿: もうぞう | 2009/04/22 20:06

shine もうぞうさん
お先にすみません。車以外で分割払いなんて初めて経験します。でも、買って本当に満足です。これほど、エントリー機とミドルクラスが違うとは思っても見ませんでした。あ、こんなに煽ったら、奥さんに叱られますね。

K20Dいいですよね。僕は雨が好きなので、防滴・防塵が非常に魅力に感じます。ニコンだと防滴・防塵がついているのは、ボディだけで20万以上もするので。

投稿: 圭太 | 2009/04/23 07:56

圭太さん おはようございます(o^-^o)

圭太さんの写真拝見しながら、また早春を感じることができました
それにしても、また写真の腕を上げたのでは・・・
どれも、素敵な写真ばかりです
#6) 緋寒桜をつつくヒヨドリや#8) 梅に目白、こんな写真が撮れる圭太さんのこと尊敬します~羨ましいなぁ~
私もメジロと梅に挑戦したのですが、ピントがブレブレでした・・・(泣)
レンズはどのくらいの望遠使ってらっしゃるのですか?
やっぱり三脚あり、ですよね?

#7) 黄と白の水仙も綺麗だし、#9) 語らい もいいですね!
題の付け方もグッドです^^

新しいカメラいいですね!
羨ましい~ですcamera

投稿: vanilla | 2009/04/23 08:31

shine vanillaさん
ありがとうございます。ほめすぎですが、しばらく間が空いた分をまとめて、ということでありがたくお受け致します。coldsweats01
実は、鳥が結構好きで、見つけるたびに撮っていますが、お見せできるようなものは殆どなく、1%未満だと思います。今回たまたま2つ重なりました。
面倒なので三脚はほとんど使いません。レンズは55-200mm か 70-300mm です。本格的な野鳥を撮るにはもっと長いレンズがあった方がいいと思うのですが、メジロ、ヒヨドリ、ムクドリ、セキレイ、アカハラ といった奴等は結構人に近づくので、上記ぐらいのレンズでも撮れます。さすがに、こちらから不用意に近づくと逃げますが、しばらくじっとしていると、徐々に慣れて接近を許してくれる子に出会えるときがあります。あ、樹液を落とす木があるので、注意してください。

投稿: 圭太 | 2009/04/24 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/44739626

この記事へのトラックバック一覧です: 季節の移り変わりを駆け足で(1):

« カズは口ほどに物をいい | トップページ | 季節の移り変わりを駆け足で(2) »