« 新緑の季節を振り返る~1.5 | トップページ | 新緑の季節を振り返る~3 »

2009/05/28

新緑の季節を振り返る~2

ゴールデンウィークに、嫁さんと出かけました。

090505d60_0013_
5/5 福知渓谷(兵庫県宍粟市一宮町)

新緑と渓谷、歩いているだけで良い気分になりました。

090505d90_0129_
5/5 福知渓谷と藤

藤と渓谷って珍しいですよね。(そうでもないですか?)

090505d90_0139_
5/5 福知渓谷と春紅葉

春紅葉って、結構あちこちで見かけます。今年初めて気付きました。

090505d90_0081_
5/5 兵庫県神河町 鯉のぼり

一枚だけ水を張った水田をみつけました。そこに鯉のぼりが映りこんでいました。この日はこどもの日。

090505d90_0027_
5/5 北播磨余暇村(兵庫県多可町)

日本庭園があると聞いて出かけたのですが、めちゃくちゃ長いすべり台があり、入場・駐車無料・こどもの日ということで、むちゃくちゃ込んでいました。ちびっ子だらけ。シンガポールやバングラデシュ並み、いやそれ以上の人口密度でした。何とか気持ちを落ち着けて撮影したのですが。

|

« 新緑の季節を振り返る~1.5 | トップページ | 新緑の季節を振り返る~3 »

たび・さんぽ」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

今朝の新聞に芥川龍之介の書簡が発見されたとありました。若い文学を志す人に寄せた手紙だそうです。あなたも文学志向が強いと拝察します。お若いかたなのに凄く深い・・・といつも感じております。

投稿: 山口ももり | 2009/05/28 07:25

shine 山口ももりさん
龍之介の書簡の記事、気付きませんでした。あとで見てみます。ただ、今、調べてみると芥川が自殺したのは35歳。それを軽く超える自分が読むのは抵抗がなきにしもあらず、ですが。

この身には過分の褒め言葉ありがとうございます。深いと感じて頂いた大部分がよそからの借り物のような気がしていますので、本物の深さをまとえるよう精進心がけます。

投稿: 圭太 | 2009/05/28 09:31

渓流の美しいところってあちこちにあるんですね。日本は本当に水に恵まれていますね。

写真ではちょっとわかりずらいのですが、田んぼに鯉のぼりは面白いですね。

○瑞穂の子田圃の鯉もやがて龍

濃淡のグラデーションがこもれ日の美しさを際立たせる構図ですね

投稿: joy | 2009/05/28 10:46

>藤と渓谷って珍しいですよね。
はい。そう思います
モミジと渓谷はもちろん絵になりますが、藤と渓谷もなかなかいいですね(o^-^o)
春紅葉、私は圭太さんの日記ではじめて知りました
赤くなってるのはモミジですか?
水田に写り込んだ鯉のぼり、季節感たっぷりでいいですね
私も実はそんな風景を見つけて何枚も何枚もシャッターを押したのですが、結局使えないまま在庫になってしまいました
>シンガポールやバングラデシュ並み
あは!
子供が小さい頃は、そんなシンガポールやバングラデシュの中に平気でいられたのにねo(*^▽^*)o

投稿: vanilla | 2009/05/28 22:56

shine joyさん
前回の尼僧の一首とといい、今回の句といい、殺風景なブログに みやび を加えて頂きありがとうございます。ひょっとして即興で作っておられるのですか?僕は韻文がさっぱりだめなんです。好きではあるのですが。

shine vanillaさん
春紅葉は今年初めて知りました。春紅葉「も」かな。今春は本当に賢くなりました。エヘン。
何でも、葉が出たばかりの頃、葉緑体が足りないと紅葉と同じ色になるそうです。庭に植えられているのは、わざと春にも赤くなるようにした園芸品種のようですが、自然界には偶発的にところどころ見られるようです。僕が今年、うろちょろして見た結果では、冷涼な場所に多いものです。

> 子供が小さい頃は、そんなシンガポールや
> バングラデシュの中に平気でいられたのに
> ねo(*^▽^*)o
そうでした。長いすべり台などは、子供が怖がっても無理やり膝の上に乗せて滑っていました。自分が一番楽しんでいたような…。

投稿: 圭太 | 2009/05/29 08:45

ほぼ即興ですが、ときには無い知恵絞って推敲みたいなこともします。何か浮かんでくると、一応形にしないとどうも落ち着かないもので、すみません。

私も全くの出鱈目で、言葉遊びをさせていただいていますが、句や歌の形にすると感動が心に留まるようなところがあります。

投稿: joy | 2009/05/30 08:58

shine joyさん
去年、写真を始めてから、さびついていた心が再始動し色んなことに感動するようになりましたが、言葉も写真も感動のたれ流し状態です。
改めて、あらゆるものに対し端正に向き合わねばならないことを肝に銘じなければ。

投稿: 圭太 | 2009/05/31 08:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/45144164

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の季節を振り返る~2:

« 新緑の季節を振り返る~1.5 | トップページ | 新緑の季節を振り返る~3 »