« 季節の移り変わりを駆け足で(3) | トップページ | またしても神戸から »

2009/05/01

気分転換

090429d90_0042_
(クリック→拡大)

自分自身にとって大きな出来事があり、記事を書こうと思っているのですが、屈託が多すぎてなかなか手につきません。

そこで、気分転換でいつもとは違う感じの写真を撮ってみました。(↑)

快晴の日だったので、いつもなら空の青さを何とか出したいと思うはずなのですが、今回は逆に空を飛ばしてもたれ、と僕にとっては思い切った露出をしてみました。

やや、盛りの過ぎた花水木だったのですが、初夏の清々しさが少しは出せたかな。

<付記>
自分にとっての大事件は、連休中に何とか書こうと(今のところは)思っています。
あくまでも、僕にとっての重大事ですよ。世間すべての人にとって全く何の意味もないことです。

|

« 季節の移り変わりを駆け足で(3) | トップページ | またしても神戸から »

写真」カテゴリの記事

圭太と愉快な仲間たち」カテゴリの記事

コメント

圭太さん おはようございますsun

>初夏の清々しさが少しは出せたかな。
清々しさを出したかった
ということは、大きな出来事もきっとそんな清々しいことなのかな?
聞かせていただけるのを、楽しみに待っています

真っ青な空がないのはちと寂しげですが
でも、言われれば爽やかな初夏の雰囲気も感じられます
涼しげですね!(o^-^o)

投稿: vanilla | 2009/05/02 10:07

ハナミズキでしょうか?
さわやかな雰囲気が良く出ていますね~

投稿: もうぞう | 2009/05/02 20:08

気分転換は、絶対必要です

投稿: 玉井人ひろた | 2009/05/03 20:17

shine vanillaさん
本当は、昨日、今日あたりに書こうと思っていたのですが、駄目です。何ともなりませんね。屈託の多すぎるこの性格!

shine もうぞうさん
ありがとうございます。ハナミズキです。

shine 玉井人ひろたさん
あらゆる方面に造詣の深い玉井人さんなら、気分転換の方法も多種多様なんでしょうね。

投稿: 圭太 | 2009/05/04 18:21

朝霧さんにとっての大ニュース???楽しみです。私は、連休は吉野ヶ里遺跡とか、長崎、熊本など、汽車を乗り継いで行ってきました。のんびりと気まま旅、とても良く歩きました。お宿は例の東横イン、60歳以上、日祝割引とかで3000円ちょっとで泊まれました。2泊とも・・・ね。食べるものも、夜は専ら居酒屋で、それが、おいしかったのよ。男の人って、あんなトコで口が肥えていくのよねえ。私はあんまり、知らなかった世界ですけど・・・すっかり好きになりました。九州・・・中々奥が深いです。

投稿: 山口ももり | 2009/05/06 06:39

shine 山口ももりさん
1泊3000円!? 連休中に!! ユースホステルのような料金ですね。夢のよう。
飲み屋で舌が肥えるっていうのはそうだと思います。でも、おいしかったという感想を家で言うと、「一回でいいから連れて行って欲しいな」などと言われるので、家では言わなくなってしまいましたが。

投稿: 圭太 | 2009/05/07 09:00

今、本文を読み直してみましたら・・・何だか心配になってきました。私は旅行の気分のまま、気楽なノーテンキな事口走ってしまって・・・お許しください。

投稿: 山口ももり | 2009/05/16 09:41

shine 山口ももりさん
いえいえ、本当につまらないことなんです。逆に、ご心配をおかけして申し訳ありません。
なかなか書けないのは、世間的な意味合いで重大だからではなく、今まで忘れていたようなことがあれこれ思い出され、収集がつかなくなるからに過ぎないんです。

投稿: 圭太 | 2009/05/18 21:25

圭太さん こんにちは!
私のところに遊びに来てくださったので
ブログ更新されたのかと、楽しみにやって来ましたが
まだですか?!

楽しみに待っていますよ~(o^-^o)

投稿: vanilla | 2009/05/20 16:28

shine vanillaさん
一応「またしても神戸から」という記事は昨日アップしたんですが、自分にとっての重大事はまだです。途中までは書いているのですが…。鋭意努力いたします!

投稿: 圭太 | 2009/05/20 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/44853022

この記事へのトラックバック一覧です: 気分転換:

« 季節の移り変わりを駆け足で(3) | トップページ | またしても神戸から »