« 桜桃忌 | トップページ | 今週解散のウラ? »

2009/06/26

再訪 其の弐

新緑の季節を振り返る~6 で再訪を期し、再訪 其の壱 でその実現を有言実行と自慢したにもかかわらず、いっこうに書いていなかった第二弾です。

#1) 今度はいい天気
090601d90_0006_

五月末に神戸の北東部、大沢(おおぞう)町や淡河(おうご)町で棚田を見つけましたが、田植えがまだ始まったばかりで、天気も良くなかったので、再訪を期したのでした。

そして、六月初旬に再訪自体は果たしたのですが、その報告が伸び伸びになっていました。このまま記事は日の目を見ない勢いでしたが、気を奮い立たせて書きます。過去に似たような事情で、シリーズにすると言いながら尻切れトンボで終わらせてしまった記事、いや記事になりきれなかったことどもの御霊を弔うためにも。

#2) After it
090601d90_0002_
新緑の季節を振り返る~6 の #6) で「田植えをひかえて」という題で紹介したのと同じ場所です。無事に田植えがなされていました。

#3) 薫風に泳ぐ
090601d90_0017_
訪れたのは六月でしたが、所々で鯉のぼりを見かけました。たぶん旧暦でお祝いしているのでしょうね。農村には旧暦が似合います。

とここまで書いて一応調べてみると、旧暦の五月五日は、新暦の5月28日。あれ? ということは6月にはもう旧暦でも節句が過ぎている!?

あ、そうか、端午の節句だから、旧暦五月の最初の午の日だ。と思いそれも調べてみると・・・新暦の5月25日。さっきより早い!!

あ、そうか、あまり細かいことにこだわらない大らかさがいいんですよね。あるいは、その土地に古くから伝わるしきたりがあるのかもしれません。単純な理屈で割り切れないところがまた魅力を増す!

#4) variation 1
090601d90_0031_
端正に、几帳面に、整えられた水田も美しいですが、変化に富む棚田も素晴らしい。土地の悪条件をものともせずなされた造形に深い感動を覚えます。愚痴を垂れ流す自分の浅はかさも思い知らされ…。

#5) variation 2
090601d90_0032_
色んな形の田んぼを見ていると、心が落ち着くのに元気が出てくる、という普段あまり経験しない心情に。

#6) 息を切らせた後に
090601d90_0070_
vanillaさんの記事では、ほぼ一ヶ月前にもう田植えの終わった水田の夕景が美しく紹介されていたのに比べると(新緑の京都-三千院)、神戸は田植えが遅いようで、六月初旬でもまだ田植えが終わっていない水田が残っていました。上の写真の地区では斜面の下の方から田植えをするようで、中腹より上はまだでした。

今度は朝焼けか夕焼けにチャレンジしなければ。

|

« 桜桃忌 | トップページ | 今週解散のウラ? »

たび・さんぽ」カテゴリの記事

文化」カテゴリの記事

コメント

私も、きのう、「剣岳 点の記」を見てきました。最近、こんなに感動した映画はありません。ゼヒゼヒ・・・何しろ映像が美しいんです。実際の山歩きなら、ずーっと立ち止まって見てられるのに・・・だから・・・もう何回か、見にいきましょう。もうぞう様からやってきました。

投稿: 山口ももり | 2009/06/26 08:10

shine 山口ももりさん
ももりさんが美しいという映像、これは絶対見ないといけませんね。
原作を読んでいるのでストーリーに引っ張られず、映像の美しさを堪能できるでしょうし。

投稿: 圭太 | 2009/06/26 09:27

棚田に移りこむ風景・・・いやぁ~素敵ですね!
青空とぽっかりと浮かんだ雲はもちろん
鯉のぼり、いいですねぇ~(o^-^o)
農村ならではの風景ですね
う~~ん。素敵な写真です

こちらはもう植えられた苗がぐんぐん育って、田んぼに映り込む景色は見られません
三重にも南の方にすばらしい棚田があるそうです
来年は私も田んぼが映し出す風景を探しに行ってみたくなりました
田んぼのある風景は、子供の頃に慣れ親しんだ風景でもないのに何故か郷愁を感じます

>#6) 息を切らせた後に
すばらしい!cameralovely

投稿: vanilla | 2009/06/26 15:49

ほんと、何気ない田んぼを見事に切り取ってますね~
参考になります。

投稿: もうぞう | 2009/06/26 19:47

二回目になるとなんだか懐かしいような気持ちが湧いてきます。

出来れば、ですが、
稲の緑のきれいな頃
頭を垂れ始める頃の棚田も
見てみたいです。

投稿: joy | 2009/06/27 11:25

#3の鯉幟が写り混んだ田んぼが、いい雰囲気をかもしだしていると思います。
欲を言えば、もう少しはっきりと鯉幟が見えれば良かったのですが…。
ところで、#6はどこですか?
日西原から見た景色に似ているのような??。

投稿: なかむら | 2009/06/28 23:10

shine vanillaさん
確かに。僕も神戸の住宅地で生まれたので、田園風景を原風景とは言えない育ちですが、郷愁を感じます。弥生人のDNAでしょうか。

shine もうぞうさん
去年までは何とも思わなかった水田の風景が、今年は全然違って見えます。

shine joyさん
昨日、梅雨時には珍しく湿度が低めで、空が青くきれいでした。水田の横を通ると、稲が順調に育っており、緑が非常に鮮やかでした。あいにく仕事だったので、撮影できませんでしたが、天気のいい日にぜひ撮りたいと思います。
また、秋は今から本当に楽しみです。

shine なかむらさん
ピンポン、ピンポーン。
正解です。すごい! さすがです。
#6)は日西原です。この後、光山寺に立ち寄りました。(なかなかたどり着きませんでしたが)

投稿: 圭太 | 2009/06/29 07:15

やっぱり日西原ですか!。
ここは、道が狭いので駐車に困るんですよね~。
でも、このあたり絶対いいポイントなんで、何回も足を運んだ方がいいですヨ。
西向き斜面なんで、夕陽と一緒に…、そして、秋がいいかもしれませんね~。
私もひさひさに行きたいと思いました。

ところで、光山寺にも行こうと思ったことがあるのですが、道が狭いので断念しました。
本当に車で行けるんですか?
良かったら教えてください。

投稿: なかむら | 2009/06/29 23:46

shine なかむらさん
光山寺へは車で行きました。
ただ、初めてだったからどうなっているのか知りたいという好奇心で行けたようなもので、もう一度行けと言われるとちょっとまごついてしまいます。
舗装された道はまぁ、大丈夫です。最後に、未舗装の山道を少し通るのですが、そこは一台がぎりぎり通れる幅しかなく、対向車が来ればバックするのが非常に怖い道です。クラクションを鳴らしてから通った方がいいと思います。駐車スペースは意外に広くなっています。
僕が行ったのは月曜日で他の車はありませんでしたが、ポタリングの方一人とすれ違いました。

投稿: 圭太 | 2009/07/01 08:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/45428082

この記事へのトラックバック一覧です: 再訪 其の弐:

« 桜桃忌 | トップページ | 今週解散のウラ? »