« 今週解散のウラ? | トップページ | 飛鳥 »

2009/07/01

ようやく出会えた雨

今年の梅雨のテーマを 「雨のロマンを撮る」 にしたものの、入梅後あまり雨が降らず、特に僕の休日は快晴続きで、あきらめていました。

vanillaさんのブログへのコメントで 「雨のロマンを撮ってもらう」 に変更すると書いたのですが、その直後、待望の雨が。

ロマンまでは撮りきれませんでしたが、雨の雰囲気は少し味わえました。

#1) 瑞瑞し
090622d90_0071_

#2) 小降り
090622d90_0002_

降ったとはいっても、小降りでした。まぁ、防滴ではないカメラで写真を撮る身にはその方がありがたいですが。

#3) 蘇る緑
090629d60_0009_

拡大するとテントウムシが分かると思います。ホシがたくさん。

#4) 脈
090629d60_0033_

あ、場所をお伝えしていませんでした。兵庫県多可町にある北播磨余暇村です。
新緑の季節を振り返る~2 で訪れた時は、新緑が美しかったものの、子供の日で人口密度が高く騒々しい雰囲気でしたが、今回は雨の平日とあって、駐車場は3台。中で出会った人は10人ほどで、ほとんどは植物の世話をする方。見物客は僕の他には2人だけ。

落ち着いて、しっとりとした雰囲気を味わうことが出来ました。

#5) 足元を濡らす
090629d60_0035_

本当は6月下旬が見頃と聞いていた花菖蒲がお目当てだったのですが、ほぼ終わっていました。もう少し標高が高い砥峰高原の見頃と勘違いしていたのかもしれません。

#6) 林の中 小川の畔
090629d60_0132_
このほの暗い中でこの色は普通なら蠱惑的だと思うのですが、がくあじさい には、清廉を感じるのはなぜでしょう?

#7) 雨雫
090629d60_0044_

写真に雨そのものを写すのは難しいので、池に落ちる雨滴で表現しようと思ったのですが、池の近くに来たときに限って雨が止む。orz

ようやく一つだけ申し訳程度に写せましたが、気付いてもらえないようなシロモノで、強引にタイトルに入れました。

#8) 林に落ちる雨垂れ
090629d60_0103_

葉につく水滴も素敵ですが、花びらにつく雫も捨てがたい。紫陽花だから、性格には花弁ではなく萼なのでしょうが。

#9) もういくつ寝ると
090629d60_0088_

新緑の鮮やかさは失った楓も、雨に濡れると別な趣が。こうしてだんだん紅葉への段階が進む。彼らにとっては緑の時期の方が重要なのだろうけど、人間の欲はどうしようもありません。

#10) 酸性土壌?
090629d60_0048_

ここの紫陽花は、ほとんどが青です。赤いのは2株ぐらいしか見つかりませんでした。

#11) 煙る山並み
090629d60_0141_

余暇村を出てすぐの水田。稲が順調に育っています。

#12) さんぽ
090629d90_0001_

次は大賀蓮の平池公園へ。ここも稲の緑が目にやさしい。

#13) 五分咲き
090629d90_0022_

2週間前に来た時は3つほどしか見つけられなかった大賀蓮の花が、五分咲き~七分咲きといった程度に咲いていました。この記事をアップする頃には見頃でしょう。

#14) ということは睡蓮
090622d90_0007_

2000年の時を越えて のコメントで、Rinkobaasanさんから教えて頂いた蓮と睡蓮の違いからすると、上の写真は、葉に切れ目があり、花が沈んでいっているので睡蓮ですね。

#15) 白鳥は かなしからずや
090629d90_0008_

この望遠レンズは手振れ補正がなく、またオートフォーカスがむちゃくちゃ鈍いのでマニュアルフォーカスで撮っています。(ちょっと自慢。でも、即消去レベルの写真が大量生産されています。)

#16) 二つの三角形
090622d90_0011_

「同心円」のような言葉は、三角形にもあるんでしょうか?

「重心を同じうする三角形」?

#17) 木道の下で
090629d90_0016_

本当はPLフィルターで手前の葉のてかりを除きたかったのですが、このレンズの口径に合うのを持っていなくて…。

#18) 親は大賀蓮
090622d90_0037_ 

付記)長くなってすみません。今月の途中から来月まで、毎年恒例の繁忙期です。記事の更新が非常に難しくなると思いますので、その分、長めになってしまったのかもしれません。

|

« 今週解散のウラ? | トップページ | 飛鳥 »

たび・さんぽ」カテゴリの記事

コメント

#4) 脈 脈がきれいに取れてますね。それ以上に肉厚感がいい。腹ペコ青虫になって思いっきりたべた~い。

大賀蓮は本当に典雅ですね。
○千年の夢食む雅大賀蓮

白鳥の羽見事に撮れました。(今、庭で鶯がなきました。)
○その白の残りて牧水と酒を酌む

今回の最優秀だjoy賞は #7) 雨雫
空がぽっかりの構図が見事!
○己が欲笑うがごとく華の笑み

投稿: joy | 2009/07/03 14:32

圭太さん こんにちは(o^-^o)

雨のロマン、感じますheart
綺麗な写真がたくさんありますね
花も葉も雨にぬれてとても瑞々しく感じられます
やっぱり、私の数段、いやもっともっとレベルの高い写真だな、って思います
だから、圭太さんの写真を拝見させていただくと、すごく刺激がもらえます
テントウムシだって、私が撮ると昆虫図鑑の写真になってしまいますが、圭太さんのテントウムシは紫陽花と一緒に雨の情景の中に自然に溶け込んでいて、ただただ綺麗です

今回は雨のロマンを感じる写真の数々に、うっとりされていただきました

こちらも梅雨らしいお天気になっています
私も圭太さんの真似して、雨のロマン探してみようと思いますrain

投稿: vanilla | 2009/07/03 16:57

紫陽花の色が美しいですね~
それにしても、蓮の花はかわいい♪
とても好きなお花です^^

ところで、蓮の花って、咲くときにポンって
音がするって聞きますが、本当なのでしょうかね?
本当ならば、聞いてみたいな~

投稿: たま | 2009/07/09 19:59

shine joyさん
新緑もすばらしいですが、若い稲の緑も鮮やかですね。その中を飛ぶコサギの白は実にまぶしいものでした。ただ、実際には、稲の生命力が強く感じられて「哀しからず」でした。
佳句のおかげで、日本酒を飲みたくなりました。牧水にならって浴びるほど。
そう言えば、この写真を撮った辺りは、酒用の米として有名な山田錦の生産地です。

shine vanillaさん
82%!
現在の我が家の湿度です。
梅雨の前半は雨が少なくて雨乞いをする気分でしたが、最近は梅雨空が続いて食傷気味。早く青空の下の向日葵を撮りたいと思っています。
でも、紫陽花が薄暗い時に輝く姿は捨てがたいですね。家の周りはもう終わりましたが、六甲山ならまだガクアジサイが見られるかな。

shine たまちゃん
平池公園には、蓮の音にまつわる説明がありました。何でも有名な歌だか句だかに蓮が音を立てて開くという表現があり、それが広まったとか。実際には花が開く時に、池の鯉が口を開ける音か何かが聞こえたのであろうとのこと。
でも、本当は、蓮の花は音をたてて開きます。それはサンタクロースがあなたの心に存在するのと同じように。

投稿: 圭太 | 2009/07/10 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/45504110

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく出会えた雨:

« 今週解散のウラ? | トップページ | 飛鳥 »