« 三田プレミアム・アウトレット | トップページ | 室津 »

2009/09/02

自民が逝く 夏が行く

090816d90_0083_
(写真はクリック→拡大) 

小学生の頃、我が家の辺りでは お盆を過ぎた頃から夏の終わりが始まった。海ではクラゲが増えて泳げなくなり、林ではつくつく法師が鳴き始めて、宿題の存在を思いださざるをえなかった。

漫画では、蝉の鳴き声はほぼ例外なく

ミーン ミーン

と表現されているが、神戸ではミンミンゼミは珍しい。ほとんどがクマゼミかアブラゼミ。

ジージー ジージー

と暑苦しさを増す不快な鳴き声。

ところが、今年はどういう訳か、アブラゼミもクマゼミも少ない。ミンミンゼミの方が多く感じられるぐらいだ。去年はクマゼミの大量発生の年で、朝5時ぐらいからうるさくてかなわなかったのだが。

090824d90_0123_

そう言えば、つくつく法師の鳴き声も聞かない。こちらは今年だけでなく、ここ何年かずっとだと思う。少し山の方に入れば、7月から鳴いている。小学生の頃と同じように。

今、家でつくつく法師を聞けば、去り行く夏を寂しく思うだろうか。やっと終わりだとホッとするだろうか。

追記) 掲載写真について
◎1枚目
8/16 北野神社のアブラゼミ
(京都ではなく神戸の北野神社。異人館街にある。三宮駅からの坂を北野坂というのはこの神社に由来するとか)

◎2枚目
8/24 加西フラワーセンターのツクツクボウシ

|

« 三田プレミアム・アウトレット | トップページ | 室津 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

当地もアブラゼミオンリー。
秋口になるとツクツクボウシも鳴き出しますが。

投稿: もうぞう | 2009/09/02 19:34

shine もうぞうさん
そうなんですか。何となく、東日本はミンミンゼミ、西日本はクマゼミ・アブラゼミが多いという印象を持っていました。

投稿: 圭太 | 2009/09/03 10:14

圭太さん こんにちは!

我が地方は、昔はアブラゼミやミンミンゼミの声が響いていましたが、今はクマゼミばっかりです
でも、やはり今年はセミの鳴き声をうるさいと思ったのはほんの少しの期間でした
8月の終わり頃からセミの声を聞かなくなりました
今年最後の夏だったのに、今年のセミは可哀想でした

投稿: vanilla | 2009/09/04 11:24

shine vanillaさん
蝉が多いと鬱陶しいのに、少ないと寂しいですね。本当に自分勝手なもんです。特に今年は、大好きなヒグラシの鳴き声を一度も聞かないまま夏が終わろうとしています。
待ち望んだ「世界一の秋」が来つつありますが、すっきり喜べないような複雑な心境です。

投稿: 圭太 | 2009/09/06 22:07

セミといえば、たぶん4歳になる前、大阪城に
セミ取りに行って、いとこたちに山ほどカゴに
入れてもらい、朝になったら全滅していたという
残虐なことをしてしまった思い出があります(;´Д`A ```

そういえば、子供のころはセミを掴んだりできたのに、
研○○でバイト中に物置部屋にセミが入ってきたときは、
どうしても触れなくて事務所に先生を呼びに行った
ということがありました(-_-;)
大人になって、虫が余計に怖くなったのは、
なんでなんでしょうかね?

投稿: たま | 2009/09/09 17:40

shine たまちゃん
こちらでも、今年の夏に蝉が入ってきました。やはり、どういう訳かどうしても触れず、アルバイトの男の子にとってもらいました。
その男の子は間もなく20歳ですが、いまだにムシキングの大好きなやつです。ちなみに小学校教師を目指しています。

それにしても、虫を触れるどころか、オスの蝉の声を出す部分をはがして「性転換手術」を施して喜んでいた、あの頃の僕はどこに行ったのだろう? 残虐性がなくなったのはいいでしょうが、少年の好奇心まで失ったような・・・。

投稿: 圭太 | 2009/09/16 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13076/46097050

この記事へのトラックバック一覧です: 自民が逝く 夏が行く:

« 三田プレミアム・アウトレット | トップページ | 室津 »