カテゴリー「ことば」の記事

2009/10/09

あなたも、ですか?

約1年前に about me で作った質問です。

続きを読む "あなたも、ですか?"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/10/26

無邪気で 力強い アメリカ?

久しぶりに、写真を離れた記事です。

歴史が浅く伝統がない分、無邪気で力強い というのが僕のアメリカに対するイメージでしたが…。

続きを読む "無邪気で 力強い アメリカ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/01

ぺ さん? はい さん?

久しぶりに問題から。

mobaq 次の人名は、何と読むでしょう。

   裵勇俊

おばはんら、お嬢さんとお呼びするには若干お年を召された女性の皆さんには簡単すぎる問題ですが、それ以外の皆さん、お分かりですか?

続きを読む "ぺ さん? はい さん?"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/05/24

本家ユーモア

イギリス元首相ウィンストン・チャーチルと、劇作家バーナード・ショーの往復書簡。

続きを読む "本家ユーモア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/19

アホか! なんで バカ やねん!

昨日の記事(→Get Back, MY RATING)を書いた後、読み直している時に、あることに気付きました。

前のうすのろパソコンのことを盛んに「バカ」と呼んでいるのです。我ながら驚きました。
なぜって? それは・・・・・・

アホ/バカ分布図って知っていますか。

(以下アホ/バカ分布図の説明です。知っている人は読み飛ばしてください。)

もう15年ほど前のことになるかなぁ。関西では金曜の晩に20%ぐらいの視聴率を取っている「探偵ナイトスクープ」という番組が、視聴者の以来を受けて調査した結果をまとめたものです。

関西ではアホ、関東ではバカが主に使われますが、その境界はどこか、というのが依頼の内容です。まんなか辺りの中部地方だろうと予測して調査を進めると、何とその辺りでは、アホでもバカでもなくタワケが主流であることが判明しました。

そこで、急遽、タワケとアホの境界を探すことにし、あちこちで聞き取りをしていきました。そして、確か岐阜県かどこかで、ついに、ある道を挟んでそこから西ではアホ、東ではタワケという場所を見つけ出したのです。見ていて、感動しました。こちらでは、夫婦喧嘩で「アホ、何言うてるねん」とどなるのに、向かいの家では放蕩息子を叱るとき「このタワケが」と言うのですから。

この調査は大きな話題を呼び、大きな賞を受けたりし、また、放映時の司会者(番組では探偵局の局長と呼ばれている)であった上岡龍太郎が、「タワケとバカの境界がまだや」とコメントしていたこともあって、放映後に更に調査を加えて、日本全国での分布図が完成したのです。

追加の綿密な調査の結果分かったのは、東西で別れるのではなく、京都を中心に同心円状に分布しているという様子です。本も出ており、今は文庫にも入っています→『全国アホ・バカ分布考』
(アホ/バカ分布図の紹介以上)

関西に住む僕は、余裕でアホ圏内です。全然、境界近辺ではありません。アホと言われても、相手の愛情を感じることさえあります。それなのに、昨日バカを連発していたのです。

思うに、ネット上でもリアルな世界と同様にふるまい、言葉遣いも変わらない人と、僕のように変わってしまう人がいるのでしょう。
分布図を二次元から拡張する必要があるかもしれませんね。

ちなみに僕は雨の境界を2回見たことがあります(本当)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/13

伝えられそで、・・・

実は昨日の記事は、今日書くネタの単なる導入のつもりだった。
それが、途中で過去の恨みが頭をもたげて、僕自身の意思を超えて、一つの記事になったのである。

もともと、書こうとしていたのは、

伝えられそうで伝えられないのがことば

ということ。恋をしている思春期の諸君は実感しているのかもしれないが、なかなか普段は気付かない。

気持ちだけでなく、とにかく何かをことばで表すと、その瞬間ことばから何かがこぼれ落ちている。会話なら、それを表情や仕種で補うこともある程度できるが、文章では難しい。

そう言えば、顔文字というのは、表情や仕種の働きをする潜在能力を秘めている。僕はあまり使わないが、かなりのバリエーションが存在するようだ。僕が、電子メールに初めて接した頃(日本でインターネットを使っている人など、新星を見つけるのと同じ確率でしか存在しなかった頃)には、:-> や :-( のような、使っているうちに首の筋を痛めそうなアメリカ式の顔文字しか知らなかった(分からない人は、顔を横に向けて見て下さい)。
言葉の代わりに使うのではなく、絵として使うのでもなく、言葉で表せない何かを表すような使い方をすれば、顔文字の可能性は広がるだろう。そして、僕のように抵抗感の強いおじさん達も使えるようになるかもしれない。

テレビを殆ど見ず、普段人一倍ことばに依存して生活している僕が、音楽を聴かずにいられないのは、また、なかむらさんのブログ(→似顔絵くらぶ・2)やサカナ屋さんのホームページ(→レモん・イ絵ロー)によくおじゃまするのは、無意識的に言葉を超える何かを求めているからであろう。
そう言えば、曲を気に入るときはメロディー、演奏が先。それで歌詞もよければ更に好きになるという順だ。

まとめ
言った言わないでもめるのは、言えばそれが相手に伝わると思っているから。
ことばが伝えるものは、伝えようとしている何かとよく似た、しかし別のものである。
その言葉で相手が受け取るものは、更に変化した何かである。

恋をしているから、こんなことが気になるの? →人気blogランキング へ投票

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/06/26

小幸福論

ちっちゃな幸せ(詳細は→「ちっちゃなちっちゃな幸せ」)は、続くのもちょびっとだけでした。

洗面台の電灯がつく時間が短くなったことで幸福感が得られたのは、たぶん3日ぐらい。今は何とも思わない。また古い点灯管に戻して不便を何日か感じた後で、再び新しい点灯管につけかえた方がいいのだろうか。
いや、それはあまりにも倒錯した趣向。そんなことを試せば、人格がゆがんでいきそうな気がする。
それに、二回目は感動も小さく、さらに短い時間しか満足感が続かないだろう。

幸福は、しょせん相対的であり、変化の上にしか成り立たないものですね。
年収が1,000万円を超えて達成感を味わう人がいる反面、孫さんでも、三木さんでも、堀江さんでも、年収が1,000万円となると惨めな敗北感を抱くことでしょう。相対的と言う所以です。

また、7年間で次のような成績を収めたプロスポーツのチームがあったとします。
 Aチーム 3位 1位 1位 1位 3位 2位 3位 優勝3回 平均2位
 Bチーム 4位 1位 5位 1位 5位 4位 1位 優勝3回 平均3位
優勝回数はどちらも3回で、平均順位はAチームの方が上ですが、喜びの総量はBチームの方が大きいのではないでしょうか。なぜなら、Aチームは続けて優勝しているため、2年目、3年目はどうしても 飽き が忍び入ることになります。それに、優勝が続くと、優勝が普通で、優勝を逃すことが不幸となってしまいます。それに対し、Bチームのパターンは、予測がつきにくい分、喜びが大きいと思うのです。幸福が変化の上にしか成り立たないと言う所以です。

すると、幸福をできる限り感じるためには、
1)旅に出るなど、生活に変化をつける
2)日常の中の小さな変化を見逃さない目と感受性を養う
ことが必要ですね。
あ、
3)わざと、不幸に飛び込む
という手もありますね。そうすれば、その後は普通の状態が来さえすれば、幸福になりますから。
まあ、何か打ち込むものがあって、目標を定め、それを達成するに越したことはないのですが、これがなかなか・・・・・・ね。

不幸は幸福増幅器である →人気blogランキング へ
これ押して圭太をちょっと幸福にしてやろう →人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/25

言い換えてみよう(2)

「言い換えてみよう」をシリーズ化するといいながら(詳細は→「言い換えてみよう(1)」)、ほったらかしだったので、そろそろ第2回。

今日のテーマ  パソコン

起動に最も時間のかかる電化製品。

多機能製品で、その全ての機能を使うには人の一生は短すぎると言わざるを得ない。

日本語を嫌う製品で、日本製でさえ、そのマニュアルは、助詞・助動詞以外のほとんどをアルファベット・数字・カタカナが占める。

高額だが、3年も経てば新しい機種が欲しくなる。それは自動車と同様だが、自動車と違って下取りはほぼ期待できない。

感染症に弱いが、病院に連れて行っても治療してくれない。

高倉健が日本での普及に一役買った商品。

たかた さんが、プリンタとセットで売りたがる商品。

最後に、イスラム教徒と似ている。
 イスラム教・・・スンニ派が圧倒的多数を占めるが、イラン近辺ではほとんどがシーア派。
 パソコン・・・窓派が圧倒的多数を占めるが、印刷業界ではほとんどが林檎派。

もうパソコンの新製品チェックするの疲れたわ →人気blogランキング へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/06/19

ガラス張りの家

GlassHouses 調べものをしていて、「あぁ、あれはそういうことだったのか」と思った。

ビリー・ジョエルに Glass Houses というアルバムがある。
そのジャケットには、革ジャンにジーンズの男がガラス張りの建物に石を投げようとしている姿が描かれている。

僕が友人からそのアルバムを借りたのは、確か中学2年か3年の時だった。
52nd Street と An Innocent Man の間のアルバムということで、期待して聞いたが、・・・イマイチ当時の僕の心には響かなかった。

ということで、そのアルバムのことなど以後20年以上忘れていたのだが、英文で glasshouse が出てきて、「ガラス張りの家」と意味をとるとどうもおかしいので、調べてみた。イギリスでは、greenhouse(温室)のことを glasshouse ということが分かったのだが、その際に次のことわざが目に入った。

People in glasshouses should not throw stones.

ガラスの家に住む人は石を投げてはいけない。
→すねに傷持つ者は他人の批評などしない方がよい。

そうか。そういう意味があったのか。
Glass Houses のジャケットの絵は、ビリー・ジョエルの反骨精神の現れだったのだ。
俺が世の中に意見してやるという心意気が現れたジャケットなのだろう。
あの石を持つ男はビリー自身。
これ、日本語とのコラボレーションだとさらにいい。意志をもつ男だ。

Glass Houses の曲を聴きなおしてみた。
全米No.1となったのは、It's Still Rock and Roll to me (邦題:ロックンロールが最高さ)だが、You May Be Right(邦題:ガラスのニューヨーク)の方が今の僕の気に入った。
矮人観場も最高さ →人気blogランキング へ

すみません。自分で書いて、赤面してしまいました(純情なフリ)。

附記 )
毎日応援クリック、本当にありがとうございます。
6/19 朝7:09時点で 11位! もうあと一歩!!
皆さん、ここで、油断してはいけません。
「なんや、みんな結構クリックしてるんや。ほんならわざわざ自分がクリックするまでもないな」
それが落とし穴なんです。油断による詰めの甘さで泣いたのは、ナポレオンばかりではありません。ここは油断せず、毎日一回、着実にクリックしましょう。
そうや、油断はあかん。気を引き締めよ →人気blogランキング へ
お前こそ、油断せんともっと面白い記事書けよ →人気blogランキング へ

| | コメント (10) | トラックバック (3)

2005/06/06

言い換えてみよう(1)

「子どもの『考える力』を伸ばす国語練習帳」→Amazonという本が出た。まだ買っていないのだが、内容紹介に惹かれた。

「数字を数字を使わずに言いかえてみましょう」
→例 2…偶数の最小の数。

「次の言葉を他の言葉で言いかえてみましょう」
→例 本…ある考えや物語が書かれた紙をとじたもの。

なるほど、これは面白い。小学4年生以上を想定した問題ということだが、大人でも楽しめそうだ。挑戦してみよう。

1)数字を使わずに、数字を言い換える

  1. 最小の自然数
    全ての整数を割り切ることができる自然数
    夫婦に第一子が生まれた時、・・・うっ、「第一子」はだめか、では・・・夫婦に初めて子供ができたときの子供の人数
    ある数のゼロ乗・・・うっ、「ゼロ乗」はだめか、では・・・・・・、・・・・・・「ゼロ乗」を言い換えるの難しいやんけ!・・・買ってきた饅頭を全部食べ終わった時の個数をA個とした場合、ある数のA乗
  2. 最小の偶数
    最小の素数
    夫婦の人数
    買ってきたカステラに、初めて包丁を入れたときのカステラの個数
    雀頭(ジャントウ・・・麻雀のいわゆるあたま)の牌の個数
    僕の小学生時代の通知簿で算数につけられた評価
  3. 最小の自然数と最小の素数の和
    長嶋茂雄の現役時代の背番号
    かしまし娘の人数
    集まったら文殊の知恵が出てくる人数
    テレビドラマ「コンバット」に出てくる軍曹の名前の最初の二文字が表す数
  4. 最小の素数の自乗
    夫婦に長男と長女がいる時の家族の人数
    ヒト以外の哺乳類の脚の数
    チャンバラトリオの人数・・・それにしても四人なのになぜトリオ???
    半分に切ったカステラの、それぞれをさらに半分に切った時の個数
    俳優ペ さんの名前の最初の二文字が表す数
  5. 最小の素数の自乗に最小の自然数を加えた数
    ソロホームランと満塁ホームランで取れる得点の合計
    ゴレンジャーの戦士の人数・・・「ゴレンジャー」は大丈夫ですよね?
    僕が小学校から中学校まで音楽で取り続けた成績・・・自慢
    長男と次男のいる夫婦が、今度こそ女の子が欲しいと思って子供を生んだら、また男の子だったときの家族の人数

2)他の言葉で言い換える


  • 我が親愛なる嫁さんが、しばしば枕がわりにつかう物
    功成り名を遂げた人が自慢げに書斎に並べる装飾品
    教師が読め読めとうるさい物
    ジュンク堂の飯の種
    嘘でも、その中に書かれていると、本当だと皆が信じてくれる物
    「ハウツー」、「エロ」、「トンデモ」など、しばしば片仮名と共に熟語を成す物
  • IT
    それが冠につくと、株価の乱高下が激しくなるもの
    スーツの嫌いな人が興す会社が取り扱う職種
    小文字にすると、「それ」に変身(へ~ん~~しんっ と読む)
    やたら野球チームを持ちたがる職種
    我が友がETの続編だと思っていたもの
  • オリックス
    何をやっても「マジック」になる野球チームの親会社
    自社の宣伝にプロ野球を利用するだけ利用しておきながら、知名度が上がるや他球団との合併を強引に推し進め、去年もうちょっとでプロ野球の球団数が減るところにまで追い込んだが、もっとイメージの悪い新聞会社のおかげであまり叩かれずに済んだ企業
    他のリース業者が営業に来ると、「あそこは解約料がべらぼうに高いですよ」と必ず悪口を言う企業

これは、面白い。記事のネタに困っているときに最適だ。シリーズ化しよう。
→人気blogランキング へ(25位 6/6 8:00時点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)